【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

投打かみ合い2冠−岡富クラブ

本紙掲載日:2018-04-25
9面
【決勝・岡富―南方小】岡富は初回、中本が先制の2点二塁打を放つ
力投する岡富の椎葉

高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会延岡支部大会・球音


◆“先輩超え”に挑戦

 投打ががっちりとかみ合った岡富クラブが新人戦に続いて2冠。星川信行監督は「初回に点を取れて自分たちのリズムでできた。ピンチはあったが何とかこらえてくれた」と戦い方を評価した。

 中軸に力強いスイングができる選手が並び〃打のチーム〃の印象が強いが「得意なのは守備」と主将の星川泰輝。それだけに先取点を大事にしており、大会を通してそれが実現できた。

 決勝では、初回1死二、三塁で中本が「絶対に先制点を取る。コンパクトに振って野手の間を抜く」。左翼手への二塁打で幸先良く2点を先制すると、流れに乗ったチームは三回に下位打線で加点。畦地将斗、椎葉一瑛が適時打を放ち、試合を優位に進めた。

 自信のある守備は、柄本理玖人、椎葉、中野倫彰の継投で相手打線を散発3安打に抑え、バックも無失策。最終回こそ満塁のピンチをつくったが、最少失点でしのいだ。「苦しい試合を勝ち切った新人戦の経験が生きている」と星川監督。

 選手たちは2年前、全国大会で躍動する先輩の姿を目の当たりにしているという。指揮官は「子どもたちは『自分たちも絶対に全国大会に行きたい』という強い思いで練習に励んでいる」と期待。星川主将は「まずは県大会で優勝する。1点差でもいいのでとにかく勝つ」。〃先輩超え〃の挑戦が始まった。

その他の記事/過去の記事
page-top