【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

歩行者の安全確保願う

本紙掲載日:2018-04-21
2面
横断旗を手にする(右から)時任署長、上杉協会長、菊池会長、甲斐部長

JA延岡共済代理店連絡協議会

◆道路横断用手旗300本を交安協に贈呈

 歩行者の安全確保に役立ててもらおうと、JA延岡共済代理店連絡協議会(菊池良和会長、105店)と同JA金融共済部(甲斐宗敏部長)は19日、延岡地区交通安全協会に道路横断用の手旗300本を贈呈した。

 贈られたのは、児童などが横断歩道を渡る際に使用する黄色い手旗で、「横断中」の大きな文字と、JA共済のマスコットキャラクター「ハッピー君」がデザインされている。

 同協会事務所であった贈呈式では、菊池会長が上杉義則協会長に目録を手渡し、「地域での交通事故が少なくなるよう願っています」と期待を込めた。

 JA延岡共済は長年にわたり交通安全協会にのぼり旗や反射材など交通安全資材の寄贈を続けており、上杉協会長は「本当にありがたく、各支部で有効活用したい」と感謝した。

 延岡警察署によると、道路横断中の歩行者が関係する人身事故は昨年中に市内で40件起き、そのうちの17件が横断歩道上で発生。被害に遭った歩行者のうち、7人は15歳以下の子どもだった。

 今年に入ってからは減少傾向で推移しているといい、同署の時任和博署長は「横断旗は黄色で目立ち、横断歩行者の事故防止に非常に役立つ」と、さらなる事故抑止に期待した。

 横断旗は、希望に添って同協会27支部や小学校などに配分し、登下校児童の安全確保や街頭イベントに活用される。

その他の記事/過去の記事
page-top