【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

史上初、県北3校が出場

本紙掲載日:2018-04-20
9面
聖心ウルスラ学園
盤石の投手陣をさらに底上げさせたい小田
富島高校
夕刊デイリー杯で打率6割とチャンスを生かした中森
延岡学園
力強い速球が持ち味の舟谷

第142回九州地区高校野球大会

◆4月21日から春の九州高校野球

 第142回九州地区高校野球大会は21日、福岡県の久留米、小郡両球場で開幕する。県勢は県北の聖心ウルスラ学園(7季ぶり2回目)、富島(2季連続4回目)、延岡学園(2季連続17回目)の3校が臨む。九州大会に県北勢3校が同時出場するのは初めて。県北勢にとって2002(平成14)年秋の延岡学園以来となる九州の頂点を目指す。15日に最終日があった夕刊デイリー杯などから各校の現状を紹介する。


◆王者狙える陣容整う−聖心

 聖心は春の県予選、夕刊デイリー杯で連続優勝。センバツ出場のため県予選不在だった富島、延学を連破し、現状で県ナンバーワンの地位を確固たるものにした。プロ注目の右腕戸郷を中心に攻守で安定感が高く、九州王者を狙える陣容が整った。

 県予選は戸郷、サイド左腕の林田、遊撃手も兼ねるセンス抜群の右腕上村の3本柱が万全。5試合で1失点と圧倒的な内容で制した。夕刊デイリー杯でも戸郷を温存しながら、左腕の井上、小田を起用しさらなる底上げを図った。

 支えるのは捕手の黒田。独特の角度を誇る戸郷の変化球を止める技術を冬に磨き、絶対的な正捕手となり、チームに落ち着きをもたらした。守備では、2年を含め堅実に二遊間を守れる選手が多く、いろいろなパターンを持っている。

 打線は5番に座る園田が絶対的な安定感と勝負強さ。3番の二村、4番の河野と右3人のクリーンアップは力強く、木原佑ら1、2番の出塁が鍵になりそうだ。

 初戦は昨夏の甲子園と秋の九州ともに8強の強豪明豊(大分1位)と対戦。前回出場の2014(平成26)年秋の2回戦で敗れた相手を下せば、一気に上が見える。夕刊デイリー杯から、13(同25)年夏の宮崎大会準優勝投手でOBの浜渦悠樹さんが副部長に就いた。


◆再浮上のきっかけに−富島

 センバツでは守備が乱れ、持ち味の粘りを発揮できなかった富島。夕刊デイリー杯では、野手陣の底上げを図りつつ、決勝では聖心を相手に粘り強い戦い。九州の強豪を相手に再浮上のきっかけをつかみたい。

 夕刊デイリー杯では野手の控え組が先発し、積極的にスイングし、層の厚さを見せた。特に中森は10打数6安打7打点。甲子園のベンチを逃した黒木剛も9打数6安打とアピールし、九州大会でもチャンスがありそうだ。

 最終日は甲子園で2本安打ずつ放った松浦、黒田の2年生コンビが1、4番に。3番に入った井本が本塁打を放つなど、主力も力を見せた。

 不安材料は左腕エースの甲斐裕人が負傷し、ベンチ外に。黒木将は聖心打線に持ち前の粘り強い投球を見せ、黒木拓も甲子園での好投を自信に。右腕の2枚看板で連戦に挑むことになりそうだ。

 最近の6季で4回出場は県内最多で、九州大会はもう常連。対する八幡(福岡2位)は24季ぶり。同じ県立校で初戦は負けられない試合になりそうだ。


◆左腕過剰に意識せず−延学

 センバツでは5―1から、まさかの逆転負け。夕刊デイリー杯では準決勝で聖心に敗れ、夏へ向け待ったなしの状況になりつつある。

 試行錯誤中だ。夕刊デイリー杯の序盤は、工藤と戸高のポジションを入れ替え。準決勝では工藤を三塁に戻し、堰口を二塁で起用した。3試合とも松林が先発マスクで経験も積んだ。

 投手陣は甲子園のマウンドに立った上野、吉田、萱野に加え、下手投げの松山がまずまずの投球。舟谷が力強い速球を見せた。

 甲子園で本塁打を放った工藤や、プロ注目の小幡。抜群の身体能力を誇る柳川、戸高。長打がある坂口、松林と個の能力は群を抜く。椿原、堰口、上野と状況判断に優れた選手がそろう。

 強打を押し出すチームだが、聖心戦では新しい光も。椿原の三つを含む4盗塁と機動力を見せ、小幡、堰口の二遊間は抜群のコンビネーション。守備からリズムをつくり、足も絡めて1点ずつという能力の高いチームだからこその〃形〃が見え始めた。

 樟南(鹿児島2位)は好左腕を擁する力があるチーム。「延学対策は左腕」と評判になりつつあるが、過剰に意識せず足や小技を絡めたい。

その他の記事/過去の記事
page-top