【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3期生に県北から10人

本紙掲載日:2018-04-18
3面
宮崎ワールドアスリート3期生の認定証を受ける田代小5年の宮本蒼士君

宮崎Wアスリート認定式

 オリンピックや2026年の本県での2巡目国体などを見据えた「宮崎ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト」3期生の認定式が15日、宮崎市のKIRISHIMAツワブキ武道館であり、県北10人を含む小中学生29人に認定証が授与された。県体育協会は二つの特別プログラムを通してトップ選手に育てる。

 3期生発掘には県内から384人の応募があり、3回の選考を経て、小学5年23人(男子12、女子11人)、同6年4人(男女各2人)、中学1年2人(いずれも女子)が合格。県北勢はこのうち、小5の8人(男子6、女子2人)、小6男子と中1女子の各1人が選ばれた。

 認定式では、同プロジェクト実行委員長の佐藤勇夫県体育協会長が「県民から愛されるトップアスリートに羽ばたいてほしい」とエール。式後は陸上女子やり投げ日本記録保持者で、オリンピアンの海老原有希さんの講演もあった。

 選手たちは「体験」と「能力開発」の二つのプログラムを通じ、中学3年時に自分に最も適した1競技を見つけ、高校で本格的に打ち込む。保護者にもファミリープログラムを用意し、子どもたちを栄養面でサポートしてもらう。

 地元の陸上クラブに所属する宮良維人君(東海小5年)は「一生懸命頑張って国体などで活躍できる短距離選手になりたい」と目を輝かせていた。

 県北関係の3期生は次の通り。

【小学5年】
岡村了樹(松尾)尾前好孝(名水)菊田大翔(大王谷)吉川慎之助(財光寺南)宮本蒼士(田代)宮良維人(東海)岩田恵奈(日向東郷)黒木萌音(緑ケ丘)

【小学6年】
南波春平(方財)

【中学1年】
平野陽菜(東海)

その他の記事/過去の記事
page-top