【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

遠い「1点」に反省−富島

本紙掲載日:2018-04-16
9面
先制の中前適時打を放つ富島・中森
9回、左中間に適時三塁打を放った富島・中村

第14回夕刊デイリー新聞社杯県北地区高校野球大会・クローズアップ

◆本来の粘り強さは発揮

 本来の粘り強さと、〃逆転の富島〃の一端は見せた。夏を見据え底上げをしつつ、県立勢初優勝を目指した決勝は惜敗。主将の中川大輝は「もっと点を取らないといけなかった」。相手が主戦を温存する中で打ち勝てなかったことを悔しがった。

 初回2死一、二塁で中森京介が「点を取れば勢いに乗れる」と中前に運び先制。しかし、「1点にこだわれなかった」と中川。左打者6人を並べた打線は左投手に手こずり、好機をつくった前半に点を加えられず。ほぼ毎回のピンチをしのぎ続けた黒木将胤を援護できなかった。

 最終回は意地を見せた。先頭中森が「とにかく塁に出ないと同点、逆転はない」と中前打を放ち、川添大空の犠打で二進。相手主戦を引っ張り出すと、背番号7の中村健星が代打で登場。「スタメンではなくて悔しかった。1打席に懸け、自然体で打てた」と2ストライクに追い込まれながらも、スライダーを捉えて左中間を大きく破り1点を返した。

 大会を通してベンチ入りメンバーほぼ全員を起用した霤津亟篤弔蓮嵶匹そ蠅皸い所も出て、チームにとっても選手個人にとっても経験を積めた大会になった」。中川は「競ったゲームを勝ちきらないと。集中力を高める練習と左投手を打つ練習が必要」とはっきりと課題を認識していた。

◇調子は悪くなかったが
黒木将(10奪三振で完投)=「3点も取られてしまった。調子は悪くなかったが、八回は握力が落ちてボールが抜けて甘い所に行ってしまった。初球の入りを大事にし、低目を丁寧に突けていれば。夏は2位では甲子園に行けない。チームを勝利に導けるようにしっかりとやっていきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top