【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

支援拠点への見識深める

本紙掲載日:2018-04-12
2面
講話する県よろず支援拠点の長友チーフコーディネーター

中小企業懇話会・県北地区異業種交流会−日向

 宮崎中小企業懇話会(手塚剛一代表幹事)の県北地区異業種交流会が10日、日向市のホテルベルフォート日向であった。県北地区の企業13社17人が参加し、無料の経営相談所として全国に設置されている「中小企業庁宮崎県よろず支援拠点」の取り組みについて見識を深めた。

 交流会では、県よろず支援拠点の長友太チーフコーディネーターが講話。同施設は、中小企業庁が全都道府県に設置し、宮崎県内では県産業振興機構に窓口を設け、15人のコーディネーターが売上拡大や経営改善などの相談に無料で応じていることを説明した。

 昨年度の実績は、相談対応件数が6416件でそのうち16%が販路提案(売り上げ拡大)だった。相談に訪れた顧客による満足度調査の結果は93・3%だったという。

 県内、全国の支援事例を紹介し、「お客さまに支持されることが一番大事。そのお客さまが誰であるかを把握し、新の強みを生かす取り組みをすることが大切」と伝えた。

 最後に、「大きな方向性における課題を見極め、細分化した課題を設定し、相談企業が着実に課題解決行動をとることを支援します。ぜひ気軽にご相談いただきたい」と呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top