【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

エンクロス−4月13日、全館オープン

本紙掲載日:2018-04-12
1面
13日の全館オープンを待つエンクロス

にぎわい創出に期待−延岡駅前

 延岡市の延岡駅前複合施設エンクロスが、4月13日全館オープンする。午前8時30分からテープカットを行い、同9時から入場。テナントの蔦屋書店とスターバックスコーヒーからなるブック&カフェも開店する。市民活動は2日目の「革の名刺入れ作り」と「FMのべおか公開収録」から始まり、4月だけで15プログラムが予定されている。

 同施設は、延岡市の玄関口にふさわしい〃顔〃とにぎわいの創出、市民活動の発表ができて参加できる場、交通機関の待ち合い、読書、勉強、仕事などさまざまな目的で過ごせる場所として、また、そのにぎわいが中心商店街などに波及することを目指して、市が約15億円をかけて整備した。

 地上2階建て、鉄筋コンクリート造り、一部鉄骨造りで延べ床面積1681平方メートル。ブック&カフェを挟んで北側が待合スペース、南側1階がキッズスペース。座席は1、2階合わせて240席、電源席や無料Wi−Fi、約2万冊の閲覧本などを備える。

 テナントと公共部分の区切りがなく、書店の本も館内で自由に読める。飲み物の持ち込みも自由。開館時間は待合スペース1階が午前7時30分から、ほかは同8時から共に午後9時まで。年中無休、入場無料。電話延岡20・3900。

 同駅北の市営駐車場(71台)も、13日から新しい料金体系に変わる。エンクロス利用者(入館者)は2時間無料、以降1時間ごとに100円。館内カウンターで駐車券の処理が必要。

 全館オープンから最初の週末が延岡今山大師祭と重なるため混雑しそうだ。

その他の記事/過去の記事
page-top