【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北の中学校で入学式

本紙掲載日:2018-04-11
2面
西階中学校の第57回入学式
尚学館中学校の第28回入学式
聡明中学校の第12回入学式

新しい仲間との生活始まる

 11日延岡市や日向市、門川町、高千穂町など県北の多くの中学校で平成30年度の入学式が行われた。また、私立で中高一貫校の尚学館中学校(佐々木雅彦理事長、佐藤則夫校長、延岡市大峡町)で10日、聡明中学校(佐田栄子理事長、山内俊克校長、同市緑ケ丘)で11日、入学式があり、新入生が新しい仲間と6年間の学校生活をスタートした。

◆夢や希望を持ち続けて−延岡市西階中学校

 延岡市の西階中学校(時任真志校長)で第57回入学式があり、107人(男子61人、女子46人)が入学した。

 新入生は少し大きめの制服に身を包み、左胸に赤い花飾りを着けて入場。一人一人名前を呼ばれると「はい」と返事して起立した。

 時任校長は「中学の3年間はあっという間。命を大切にしてけがをせず、自分のことはなるべく自分で行い、夢や希望を持ち続けてください」と激励。
生徒会長の上原多一陽君(3年)が「遠慮なく何でも聞いてください。互いに頑張りましょう」と歓迎した。

 新入生を代表して渡部悠菜さんが「友だちと仲よく協力して充実した3年間を送れるよう努力します」と元気よく誓った。

 入場時には少し緊張したり恥ずかしそうな表情を見せる新入生もいたが、退場時には吹奏楽部の演奏と保護者、在校生、教職員の拍手に包まれながら笑顔で中学校生活をスタートした。


◆自分の可能性に挑戦して−尚学館中学校

 尚学館中学校の入学式は同校であり、68人(男子25人、女子43人)が入学した。

 新入生は在校生や保護者、教職員の拍手を浴びて入場した。一人ずつ名前を呼ばれると「はい」と返事して起立。佐藤校長が全員の入学を許可した。

 佐藤校長は「自分の可能性に挑戦してください。挑戦の日々を重ねるうちに、君たちの可能性は必ず開いていく」。

 佐々木理事長は「皆さんがきょうの喜びを忘れず、心身健康で有意義な尚学館生活を送ることを願っています」と激励した。

 新入生を代表して井上愛梨さん(尚学館小卒)が「たくさんのことを学び経験する中で目標を見つけ、そこに向けて頑張り続けたい」と誓った。


◆将来の夢を抱いて輝いて−聡明中学校

 聡明中学校入学式は同校であり、35人(男子17人、女子18人)が入学した。

 入学式では少し大きめの制服を着た新入生が、緊張した様子で入場した。

 山内校長は同一性やシンボル性、自らを律するという制服の働きを紹介し「その制服を愛し、将来の夢を抱いて輝いてほしい」と式辞。

 佐田理事長は「心も体も豊かに育ってほしい。よい6年間になるように心から応援しています」と祝辞を述べた。

 誓いの言葉では、新入生を代表して佐藤碧泉君(草川小卒)が「誇りと自覚を持って学校生活を送りたい」。

 3年の佐藤莉嘉さんは「分からないことがあれば、遠慮無く先生や私たちを頼ってください」と歓迎の言葉を贈った。

その他の記事/過去の記事
page-top