【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

果敢に波乗りこなす

本紙掲載日:2018-04-10
9面
果敢に波を乗りこなす日向市長杯のりのりカップの出場者

第11回日向市長杯のりのりカップinお倉ケ浜サーフィンコンテスト

◆お倉ケ浜で「のりのりカップ」

 「第11回日向市長杯のりのりカップinお倉ケ浜サーフィンコンテスト」が8日、日向市お倉ケ浜海水浴場で行われた。

 小学生以下のキッズクラスから40歳以上のマスタークラスまで、計6クラスのショートボードほか、ロングボード、ボディボード、スタンドアップパドル合わせて10部門に223人がエントリー。あいにくの穏やかな波ながら、果敢に波を乗りこなした。同実行委員会主催。

 サーフィンを核とした観光振興を目的に、2007(平成19)年から毎年、全国有数のサーフスポットとして知られ、昨秋に世界ジュニアサーフィン選手権が開かれた同海水浴場で毎年行われている。

 会場ではバンド演奏やキッズダンス、フラダンス、ベリーダンスなどのステージイベントをはじめ、飲食物や雑貨、アクセサリーなどを販売する「NoriNoriマルシェ」のコーナーを特設。ビーチヨガの無料体験教室、ガーゼの絵描き体験(有料)、パラリンピック公式競技「ボッチャ」のデモンストレーションや体験などもあり、サーフィンを知らない人も楽しんだ。

 熱戦の結果、ビギナーの部で宇野雅志さん、スタンドアップパドルの部で黒木雄一さんの日向市勢が優勝するなどした。特別賞として市長賞に浜矢凪さん(大分県佐伯市)、ベストライディング賞に森下春翔さん(同)、敢闘賞に三木吾郎さん(宮崎市)が輝いた。

 主な成績は次の通り。

▽キッズ
‐硝棆屐癖_)¬畋正廚気ら(同)森下春翔(大分)せ嚇跳邏廖米院

▽ビギナー
 ̄野雅志(日向)∈篷椡妖圈癖_)9暖緲枩検扮箍)ぞ宮真一郎(川南)

▽オープン
々眦膂貎瓠糞楮蝓豊∪郷綽棺奸雰本)三木望未(宮崎)ぞ硝楫鮖睿(福岡)

▽マスター
‐礁鄂唇譟雰本)⊂昇蠱匏鼻癖_)松永鉄男(同)ご瀘媛軫遏兵児島)

▽スペシャル
”楊霪筺並臺)∧榛筝遵(日向)4惴和真(同)た渓晶拱拭聞眛蕁

▽レディース
〇村真鈴(木城)∧晋桐拡子(福岡)1卞沙希(宮崎)ち蠍仰香(新富)

▽ロングボード・ビギナー
〔鄰耄と(佐賀)⊂庄聞姐勝癖_)6眞健史(長崎)さ噺兇おり(日向)

▽同・オープン
〆本雄大(福岡)多田輝彦(日向)寺田翔太朗(都城)と津豈Φ(鹿児島)

▽ボディーボード・同
〇位攜穗此糞楮蝓豊⊃慌赦柁(大分)D燦胸嵎檗糞楮蝓豊ぐ貌若菜(同)

▽スタンドアップパドル
々木雄一(日向)∋骸政則(福岡)上野春樹(大阪)っ喞構濟福糞楮蝓

【特別賞】
市長賞=浜矢凪(大分)▽ベストライディング賞=森下春翔(同)▽敢闘賞=三木吾郎(宮崎)

その他の記事/過去の記事
page-top