【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

甲斐さんとオルト号を嘱託

本紙掲載日:2018-04-10
2面
嘱託を受けた指導士の甲斐さん、オルト号(中央)と中原署長(右)ら

警察犬指導士と警察犬−高千穂警察署

◆行方不明者捜索などに協力

 高千穂警察署(中原雅孝署長)は9日、行方不明者の捜索や犯罪捜査など警察からの要請があった際に出動する警察犬指導士1人と警察犬1頭に嘱託書を交付した。嘱託期間は来年3月31日まで。

 嘱託を受けたのは、日之影町七折の会社員甲斐三夫さん(53)と愛犬のファルコことオルト・フォン・アール・ヒゲジン号(雄、11歳)。

 オルト号は、もともと井東警察犬・愛犬訓練所の井東照博さん(68)=門川町須賀崎=が所有していたシェパード。ここ10年近く同署管内の警察犬、指導士が不在だったことから、昨年4月、井東さんが指導士を目指していた甲斐さんに譲渡したという。甲斐さんは、そこから約半年間にわたってみっちりと訓練。同11月に宮崎市で開かれた審査会で合格し、今年度の嘱託警察犬、指導士として選ばれた。

 この日は、同署講堂で交付式があり、中原署長が甲斐さんとオルト号に県警本部長からの嘱託書を伝達した。同署刑事生活安全課の古屋政志課長は「管内に警察犬、指導士がいることで、いざという時の迅速な初動対応につなげられる。心強いし、大きな戦力」と期待。甲斐さんは「出動がないことに越したことはない。老犬なので体調管理を徹底しつつ、いざという時は役目を果たせるようにレベルアップに努めたい」と意気込みを語った。

 同署によると、昨年度の警察犬の出動要請は県内で74件。このうち、管内での2件はいずれも行方不明者の捜索だったという。県警は今年度、シェパードやラブラドルレトリバーなど警察犬38頭、指導士24人を嘱託している。

その他の記事/過去の記事
page-top