【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2018県の予算から(5)−県産品輸出拡大

本紙掲載日:2018-04-09
1面
のべおか三蔵会が初めて取り組んだ台湾への共同輸出(昨年6月9日、延岡市)

グループ化で弱点補完

◆見本市出店などを支援

 「次世代につなぐビジネスをしようと思うと、今のうちに海外に広げるということは絶対に人ごとではない。ハードルは多いが、チャレンジする意欲は必要だ」。宮崎ひでじビール(延岡市)の永野時彦社長(49)は輸出の重要性を指摘する。

 人口減少に伴う国内市場の将来的な縮小などを背景に、海外展開に取り組む企業は増えている。県貿易企業実態調査によると、本県の輸出額は平成27年が1546億円で、21年と比べると約530億円増加。県が力を入れるフードビジネス分野で特に伸びが大きい。

 宮崎ひでじビールでも26年に台湾への輸出を開始。今でこそアメリカ、香港と実績を積み重ねているが、当初はハードルも多かった。手続きなど専門的な部分も多く、準備から実現するまでに2年以上の時間を費やした。「いろんなことを勉強しながら手探り状態だった」と永野社長。

 言語やビジネス慣習、法制度などハードルの高さに、輸出をためらう企業もある。県の地域輸出グループ海外展開支援事業は、そうした企業の背中を押すことが狙いだ。

 29年度から行っている単独企業への輸出支援策の対象に、複数の企業でつくる地域輸出グループを追加。オールみやざき営業課は「すでに輸出に取り組む企業と一体となることで、ノウハウや品ぞろえなどの弱点を補え、これまで踏み出せなかった企業もチャレンジできるのではないか」と話す。

 その参考となったのが佐藤焼酎製造場、千徳酒造、宮崎ひでじビールでつくる「のべおか三蔵会」が昨年9月に実施した共同輸出。宮崎ひでじビールが事業展開している香港の和食店で、3種類の酒を楽しめるプロモーションを実施した。永野社長は「魅力あるものを足すことで、〃延岡〃というエリアをPRできた」と好感触だった。

 一方で難しさもあった。富裕層を中心に関心の高い日本酒とは違い、現地の安い商品と競合するビールと、20度、25度のアルコール度数になじみのない焼酎はPRに苦戦。「お酒だけで勝負はできない。日本食や文化をセットで売り込まないと広がっていかない。そういった展開への支援があるとありがたい」と永野社長は事業に期待する。

 2度目の共同輸出も考えていきたいという永野社長。「難しさを痛感しながらも課題は浮き彫りになったが、そこを乗り越えれば確実に海外需要は成立する。困難はあるけれどチャレンジし続けることが大事だ」と先を見据える。(おわり)

その他の記事/過去の記事
page-top