【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

いじめ、不登校をテーマに詩集

本紙掲載日:2018-04-07
7面

生きよう−甲斐聖子さん(延岡)出版

 延岡市内で作詩活動を続けている甲斐聖子(しょうこ)さんが、いじめや不登校をテーマにした詩集「ピンク色の雲」を自費出版した。「一人で苦しんでいる人に読んでもらいたい」と話している。

 詩集はA5判、全11編。小学生時代に仲間外れにされ不登校になった自身の体験や、中学校時代に周囲のいじめを見聞きしたつらい思いを、苦しむ当事者の視点でつづった。

 表紙の絵は東京を拠点に活躍しているアーティストの竹谷嘉人さんが手掛けた。深い桃紫色の空と、建物の屋上に立つ少女のシルエットのコントラストが印象的なデザインとなっている。

 甲斐さんは20年ほど前から数冊の詩集を発表。現在は市内や福岡などの店舗で扱ってもらっている。生きる理由を見失った人に向けた「理由」や、恋愛できなくなった女の子に希望を示す「かみさま恋愛」といった詩集は好評を得ているという。

 一人で悩み苦しみ、自ら死を選ぶ若者が後を絶たないことに胸を痛める甲斐さんは「こんな活動をしながらでも生きられるという思いを込めました。なかなか外に出られない人に手に取ってもらえたら」と話している。

 税込み600円。延岡市本町の愛甲うなぎで扱っている。甲斐聖子さんはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のツイッターでも情報発信している。

◆「ピンク色の雲」より

おはよう
遠くで聞こえる声
おはよう
陽炎のように揺れ
おはよう
いくら歩けど遠い

自分がなにをした

思いはするが
考えはするが
頭の上を霞め通る

おはよう
幻聴かもしれない
おはよう

掌をにぎりしめては
もういい
もういいだろうと
空を見上げてみる


夢を見ました

クラスのみんなと笑っている夢
透明で黄色い光がちりばめらられ
キラキラ笑い声が響く景色

夢を見ました

クラスのみんなが優しく笑う夢
ボタボタ流す涙はそこにはなく
キラキラ笑う声はピンク色

いじめのない
奇跡のような自由を手に入れた
夢を見ていた


いじめのない世界を想像してみる
暴力のない世界を思い描いてみる
心に抱かれたのは
ぽかんとあいた空
丸く切り取られたような
それでいていびつな形の

「なくならないよ」

丸く切り取られた穴から
聞こえてきた小さな声は
心に抱いている私の心か
この世の物ではない何か
それでも穏やかな世界を想像する

その他の記事/過去の記事
page-top