【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎、熊本−県境4町が協定

本紙掲載日:2018-04-05
3面
災害時における相互応援・相互協力に関する協定を結んだ4町の町長ら

熊本地震を教訓に災害時に応援、協力

 県境で隣接する高千穂町、五ケ瀬町と熊本県の高森町、山都町はこのほど、「災害時における相互応援・相互協力に関する協定」を結んだ。高森町役場で開かれた調印式で4町の町長らが協定書を取り交わし、連携を確認した。

 平成28年4月に発生した熊本地震を教訓に、有事に備えた協力態勢を明確にしようと、高森町の草村大成町長が3町長に協定締結を提案。その内容などについて担当部署間で協議を重ねてきた。

 協定では、いずれかの町で地震や台風、豪雨、豪雪などによる災害が発生し、単独での応急措置が困難な場合の応援事項として、応急復旧などに必要な資機材の提供、職員の派遣、生活物資のあっせん・提供、ボランティアのあっせんなどを行うこととしている。

 また、複数の町にまたがる災害が発生した場合の協力事項も盛り込んでおり、電気や水道、道路などライフラインの被害情報を共有、発信するほか、風評被害を払拭(ふっしょく)するための取り組みを協働で実施することを明記。さらに、県境付近の地域では隣町の避難所が最寄りとなることもあるため、避難所の開設状況についても共有、発信し、受け入れも行うこととしている。

 調印式には、高千穂町の内倉信吾町長、五ケ瀬町の宮崎信雄副町長、草村町長、山都町の梅田穰町長が出席。協定書に署名、押印した。

 協定締結を働き掛けた草村町長は「熊本地震の際は近隣自治体の方々に支えていただいた。その恩返しができるように災害時は迅速に対応したい」とあいさつ。

 また、内倉町長は「自然災害は必ず起こるものと認識しなければならない。そうした中で県境をまたいでの協定締結は心強い」、宮崎副町長は「いつ何が起こるか分からない。協定をきっかけに4町の連携をさらに深めていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top