【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

臼太鼓踊りを復活し奉納

本紙掲載日:2018-04-02
8面
開山90年祭で復活した籾木臼太鼓踊り

籾木子安弘法大師−日向

◆開山90年祭と大師桜祭り

 子授けの大師として親しまれている日向市の籾木子安弘法大師の開山90年祭と大師桜祭りが1日、同市平岩籾木の同大師堂とその周辺で行われ、日曜日とあって地区内外からの人でにぎわった。

 約20年にわたって祭りを守り続けた溝口初義さん(80)夫婦が高齢となって勇退したため、今年は地区の有志でつくる籾木大師奉賛会(溝口晋=めぐみ=会長)を組織し、先人たちの労をねぎらおうと、開山90年祭も合わせて行った。

 法要の後、6年途絶えていた郷土芸能の籾木臼太鼓踊りが奉納された。同踊りは戦国時代、島津氏の武将で同地区にとりでを築いていた籾木氏が士気を高めるために踊らせたといわれている。

 初義さんのおいで、晋さんの長男洋平さん(42)が、平岩小時代の先輩や後輩に呼び掛け、地元有志の親子16人で復活させた。メンバーは幼稚園児から40歳代までで、同保存会会長でもある初義さんらの指導の下、約2週間前からの練習の成果を存分に発揮。勇姿を見守った初義さんは「臼太鼓踊りが復活し、涙が出るほどうれしい」と喜んだ。

 地区住民によるなますや煮しめ、鶏の炭火焼き、おにぎりなどが振る舞われる中、特設ステージでは芸達者な人たちによる飛び入り歓迎のカラオケ大会や踊りが披露され、盛り上がりを見せた。せんぐまきもあり、参拝者に喜ばれた。

 溝口会長(64)は「昭和3年の開山以来続く、地元の大切な祭り。毎年楽しみにしている人も多く、これからも区や奉賛会挙げて守り続けたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top