【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

上伊形トンネルが貫通−門川〜延岡

本紙掲載日:2018-03-31
3面
貫通発破ボタンを押す読谷山市長、西山農林振興局長、金丸門川副町長(左から)

沿海北部広域農道6期地区

◆32年度中開通へ−災害時は代替え道に

 県が整備を進める「沿海北部地区広域営農団地農道」(日向市塩見―延岡市大峡町、26・7キロ)6期地区「上伊形トンネル」の貫通式が28日、同トンネル南側坑口であり、発注者の県や施工業者、延岡市、門川町の職員、地元区長など約70人が出席、貫通点発破や通り初め、鏡開きなどをして貫通を祝った。事業費は約12億3千万円で32年度中に完成する。

 貫通式は、松本・志多・松澤特定建設工事共同企業体が主催して開き、読谷山洋司市長、西山悟東臼杵農林振興局長、金丸隆康門川町副町長が貫通発破に点火した後、山本照弘延岡地区広域農道推進協議会長や地元選出の県議、市議らが貫通点で固い握手を交わし、万歳を三唱した。

 県農政水産部の宮下敦典次長が、「沿海北部広域農道で最後のこのトンネルが開通すれば、昭和58年度に事業着手して以来、三十数年を経てようやく延岡市と門川町つながり、広域的な農産物移送態勢が確立する。また、大規模災害の代替え道路としての役割も期待される。残された区間の早期完成に一丸となって取り組みたい」とあいさつ。来賓を代表して読谷山市長は「32年度の開通まであとわずか。この農道は、日向―門川―延岡間の経済の新しい道となり、農業の低コスト化と農作物の迅速な搬出が図られ、2市1町の第1次産業発展に大きな基盤となる」と期待を寄せた。

 沿海北部広域農道(愛称・日豊グリーンライン)は、県北地域の農畜産物輸送の円滑化、沿線住民の利便性向上などを目的に昭和58年度に事業化。塩見の国道327号交差点を起点に同388号や同218号と交差しながら日向、門川、延岡の市街地西部を南北に走り、大峡町で国道10号に接続する平均幅員7メートルのスーパー農道。

 県東臼杵農林振興局によると、農道全体の事業費は約317億円。建設は1期〜6期に分けて行われ、平成21年度までに塩見―門川町尾末、小野町―大峡町など1期〜4期の約22・4キロが開通。未開通区間は現在工事が進む5期地区とルートを変更した6期地区を合わせ4・4キロのみ。

 6期地区は、県道北方土々呂線の石田町交差点を右折して延岡南道路の側道に入り、伊形小の北側から市道伊形門川線と既存の道路に相乗り。宝蔵寺の約500メートル西を左折して井替川をまたぐ橋を架設、上伊形町―門川町加草間をトンネル(延長582メートル、車道幅員5・5メートル)で結び、5期地区の終点と接続する延長2282メートル。

 一方、5期地区は、県道土々呂日向線沿いの中山神社(門川町尾末)付近から北西に分岐し竹名地区を北に向かう延長2161メートル。総事業費は33億335万円で21年度に着工した。区間中二つのトンネルがあり、25年11月に竹名トンネル(延長130メートル)が完成。受谷トンネル(延長182メートル)は28年2月に完成、路面舗装、照明施設などを終え、現在排水溝の一部を施工している。

その他の記事/過去の記事
page-top