【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

民泊始めませんか−延岡市で勉強会

本紙掲載日:2018-03-30
3面
延岡市の「観光地づくり講演会」で話す本田さん

人吉市の本田さんが講演

 民泊の開業促進や質の向上を目的に、延岡市観光戦略課はこのほど、同市中小企業振興センターで「観光地づくり講演会」を開いた。講師は熊本県人吉市で「命の食」をテーマとしたグリーンツーリズムに取り組む本田節さん(郷土の家庭料理ひまわり亭社長)。既に民泊事業を始めている9人を含む40人が参加した。

 民泊とは、主に、人との交流や地方での生活体験目的で民家に宿泊するものを言う。政府は、農山漁村の所得向上と地域の活性化を目的に「農泊」(農家民泊)を推進している。また、外国人旅行者の増加が見込まれる2020年に向けて、民泊を推進する住宅宿泊事業法(民泊新法)が今年6月15日に施行される。

 本田さんは「今こそ新しい観光地づくりのチャンス。これをさらりと流すか受け止めるかが、今後の地域の未来を分ける」と、延岡市内での農泊、民泊開業を勧めた。

 運営の仕方としては、宿泊(ベッド)と朝食(ブレックファスト)だけを提供する「B&B」タイプを勧めた。「夕食には地域のこだわりのレストランを紹介し、土産品も外で買ってもらう。行動をばらけさせた方が地域が潤う。家主の負担も減る」と話した。

 延岡市大貫町でパンと料理教室を主宰する新田範美さん(59)は、「オーガニックやマクロビオティック料理に20年間取り組んできたので、その集大成として、宿泊して料理体験ができる場をつくりたいと思って話を聞きに来ました」と言い、講演会後も本田さんに熱心に質問していた。

 市内では現在、島浦町3、同町を除く旧市内5、北浦町1、北方町3、北川町4の計16軒が民泊として消防署や保健所の許可を受けて開業している。問い合わせは延岡市観光戦略課(電話延岡34・7833)まで。

その他の記事/過去の記事
page-top