【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

北浦の食を大いにアピール

本紙掲載日:2018-03-29
8面
北浦の海の幸を使った料理を味わう児童ら

「美食」交流イベント−延岡

◆生産者と料理人が連携

 生産者と料理人が連携し、「延岡の食」を通じて消費者との交流を図る「きたうら『美食』交流イベントが27日、延岡市北浦町古江の牡蠣家であった。同町の活性化を目指す有志でつくる「きたうら盛り上げ隊(堀田洋代表)」が東九州バスク化構想推進支援事業を活用して主催した。

 この日は同町の堀田代表(丸正水産)と中田真稔さん(中千代水産)、堀田翔平さん(丸八水産)が養殖する五ケ瀬ぶどうカンパチ桜舞とへべすブリを使い、鍋田壮一郎さん(民宿臨港)、佐藤英治さん(お食事処さとう)、睚真掲圭さん(潮香ノ宿睚寝亜砲すしや刺し身、カルパッチョ、ヅケ茶漬け、あら煮、しゃぶしゃぶなどを用意。地元の北浦小学校児童、カンパチの餌に使われるブドウで縁のある五ケ瀬町から上組小学校児童、それぞれの保護者など約70人を招待して振る舞った。

 児童らは料理の説明を受けた後、大きな声で「いただきます」。この日水揚げされたばかりの新鮮な魚を存分に味わった。

 鍋田悦武君(北浦4年)は「全部おいしかった。今度は五ケ瀬に行っていろいろ食べてみたい」。黒木望心さん(上組2年)は「しゃぶしゃぶが一番好き。(北浦には)そんなに多く来られないので、招待してもらってうれしかった」と話した。

 同日は、児童らとは別に市民50人を招待しての料理提供も実施。北浦の食を大いにアピールした堀田代表は「地元の魚を使って海と山の交流イベントをやりたいと、ずっと考えていました。食材や料理の魅力を伝えられたと思います」と手応えを感じた様子だった。

その他の記事/過去の記事
page-top