【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本番へ「ウズウズしている」−富島

本紙掲載日:2018-03-27
9面
逆方向を意識して打撃する山下

明徳のサヨナラ勝ち刺激に

 選抜高校野球大会で29日に初戦を迎える富島は26日、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海野球場で約2時間、練習した。この日は風もなく、気温は17度と春日和。選手は守備、打撃、走塁に汗を流した。

 約45分間は、守備と走塁を同時に行う効率的なフリー打撃。走者は三塁から打球を判断して走塁し、打者は140キロ超の直球と変化球(スライダー)を3分間打ち込んだ。

 直球を中堅から右方向に、内野手の間を抜くような強い打球を放っていた山下蒼生内野手は「長打ではなく、つなぐこと」と自身の役割を意識。「普段より指1、2本分短く持っている」と速球対策に取り組む。

 ノックでは「グローブを下から出して捕球し、強いボールを送球するようにしている」と、軽快なフットワークでさばいていた松浦佑星内野手。「本番は確実にアウトを取る」と意気込んでいる。

 25日に明徳義塾(高知)が逆転サヨナラ本塁打で勝利した試合を観戦していた富島ナインは「ウズウズしている」と刺激を受けた様子。山下、松浦ともに「早く甲子園のグラウンドで野球がしたい」と笑顔だった。

 この日は、保護者以外にも練習を見守る人がいた。30歳まで城市に住んでいた木村誠さん(63)=兵庫県尼崎市=は「宮崎代表の試合は毎年見に行っている」という。「2校が出場するなんてすごい。今年も応援に行きます」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top