【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮交延岡支店が完成

本紙掲載日:2018-03-27
1面
外壁の上部が空色に塗られた新・宮交延岡支店

延岡駅前、4月1日から営業

 延岡市の延岡駅前周辺整備事業に伴い、宮崎交通(菊池克鮗卍后砲駅舎の北隣に建設していた延岡支店の建物が完成した。同支店は延岡駅前バスセンター内での営業を今月末で終え、4月1日から新しい建物に移る。

 新延岡支店は木造平屋建て、建築面積154平方メートル、敷地面積167平方メートル。外壁は上が空色、下が木目のツートンカラー。設計は猪股浩介建築設計(宮崎市)、施工は不二建設(延岡市)。

 バス窓口は年中無休で午前7時から午後5時30分までバス乗車券の販売(定期券販売は午前9時から)、交通系ICカードのチャージなどを行う。旅行窓口は日曜休みで午前9時30分から午後5時30分まで、国内外の旅行、貸し切りバスなどの申し込みを受け付ける。宮交タクシー延岡営業所は今月19日に平原町に移ったが、駅前で2台が待機する。

 竣工(しゅんこう)式は26日、新支店の隣にテントを張って行われ、交通関係者や駅前複合施設エンクロスの関係者、地域住民ら約50人が出席。今山大師の野中玄雄住職が導師を務め、出席者が献花、献香して事業発展や交通安全を祈った。

 菊池社長は「延岡が宮崎県の北の中心としてハブ機能を発揮するために、当社が一助となれればうれしい」と話した。

 延岡支店の移転後、駅前バスセンターは昭和51年に建設されてから42年の歴史に幕を閉じ、解体される。跡地は駅前ロータリーの一部になり、高速・特急バス乗り場(高千穂線を含む)が設けられる。

 バスセンターの解体工事に伴い、4月1日から、高速バスなどの乗り場は「高田万十」のある区画の駅側に移る。路線バスの乗り場はエンクロス前に移る。

その他の記事/過去の記事
page-top