【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地震、津波だ!高台へ急げ

本紙掲載日:2018-03-26
2面
消防ポンプでバケツリレーで水を送る住民ら
消火ホースの筒先を持って放水を体験する子どもたち

延岡市塩浜町笹目地区で大掛かり訓練

 延岡市塩浜町笹目区(甲斐勝吉区長)の第12回総合防災訓練が18日、同区のふれあい公園で開かれた。南海トラフ巨大地震と津波の発生を想定し、避難や消火、救出救護、炊き出しなど各種訓練を行い、災害に備えた。

 地震と津波の発生を受け、甲斐区長が「身を守る行動を取ってください」と区民に避難を指示する放送を行うと、近くの高台・リサーチパーク向洋台にある津波避難場所のふれあい公園には続々と住民が避難。負傷者は担架で搬送した。

 各組長が点呼を行い、避難誘導班長に人数を報告。その後、消火ポンプにバケツリレーで水を補給して行う放水訓練や消火器を使った消火訓練、救出救護訓練では人口呼吸や自動体外式除細動器(AED)の使い方などの説明などもあった。

 近くの富高智美さんは「地域との関わりを深めるとともに、災害の際に避難する場所や道順などを知っておくためにも子どもと一緒に参加した。消火器を使って火を消すのは初めての経験だったので勉強になった」と話していた。

 甲斐区長によると、笹目区は194世帯530人で、高台に約4割、平地に6割が生活。高齢者は平地から高台への避難が困難などの課題もあるという。区も独自で飲料水の備蓄や、高台の企業と避難時の受け入れ協定を結ぶなどしている。

 甲斐区長は「今回の参加者が約160人。毎年30〜40%という参加率を上げ、津波からまずは逃げることを啓発したい。高齢者の参加も減ってきているので、住民同士が『一緒に逃げよう』と呼び掛け合えるようにしたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top