【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

センバツ開会式−2校、堂々行進

本紙掲載日:2018-03-23
3面
三塁側で拍手を送った富島の保護者
一塁側で堂々とした行進を見守った延岡学園の保護者

わが子の姿に涙

 第90回記念大会選抜高校野球大会は23日、阪神甲子園球場で開幕した。延岡学園と富島の保護者らはアルプススタンドで開会式を観覧。選手が入場すると涙を流す保護者もおり、温かい拍手を送りながら堂々とした姿を見守った。

◆富島「立派、感動した」

 富島は三塁側観客席に約50人。OBで山下蒼生三塁手の義兄の黒木政教さん(30)は開会式前、初出場を決めた後輩を「誇らしい」とたたえ「仕事で初戦は応援に行けないけど、2戦目は行くので必ず勝ってほしい」とエールを送った。

 22日の夕方に宿舎付近の公園で行進の練習をしたという選手たち。三塁側を通る姿を感慨深そうな表情で見詰めた井本健太一塁手の父・好信さん(47)は「立派だった。感動しました」としみじみと話した。

 プラカードを持ったマネジャーの山田紗香さん(3年)は「『おお甲子園だ』と思いました。部員に感謝しかありません」と笑顔で振り返った。


◆延学「応援できて幸せ」

 一塁側で拍手を送った延岡学園は約100人が参加。松本幹生一塁手の父・賢男さん(43)は「ワクワクする。素晴らしい場所で野球ができる子どもも、応援ができる保護者も幸せ者です」と入場を待った。

 選手が近づくとさらに大きな拍手をしたり写真を撮ったりしていた保護者たち。萱野心希投手の父・信さん(49)は「甲子園に出場できたのは、子どもたちが努力したおかげ。とても誇らしい。初戦は悔いの無いように一生懸命プレーしてほしい」と笑顔で話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top