【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

先生たちの研究会で講話

本紙掲載日:2018-03-22
2面
講話する辛麺屋桝元の長曽我部社長

辛麺屋桝元の長曽我部社長−日向市

 日向市や近隣の小、中学校に勤務する教員の有志でつくる宮崎県教育研究連合会日向支会(会長・田辺弘美日知屋小学校校長)はこのほど、同市大王谷コミュニティセンターで研究会開き、辛麺屋桝元の長曽我部隆幸社長が講話した。

 長曽我部社長は「多面的に物事を考え、その上で長期的なビジョンを持つことが大切。当社では社員それぞれが年間、月間、週間、毎日の目標を立て、達成するように精いっぱい努力する。その過程で社員一人一人の頑張りを見逃さずに、しっかり評価して、小さなことでも必ず褒めることを常に心掛けている。小さな成功体験を繰り返すことで、社員が達成感を味わい、仕事に対する責任感であったり、自信や誇りを持つことができる。ひいてはそれが、お客さまへの良いサービスにつながる」と話した。

 また、「桝元の『桝』の字は、漢字の『木』、カタカナの『タ』、それに『ヰ』(イ)と書きます。『元』はまた再び(元に戻る)という意味があり、合わせて『また、きたい』。そう思っていただけるお店にとの意味が込められている」と屋号の由来を紹介。

 「お客さまがまたきたい。業者さまがまたきたい。社員やその家族がきたいという会社でありたいと思います」と締めくくった。

 講演を聴いた田辺会長は「とても良い講演で感謝したい。経営感覚や多様化するニーズに的確に対応する点などは、学校経営にも通じる点があり参考になり刺激を受けた」と話した。

 このほか同研究会では、富高小学校の雨雄教諭が「確かな学力を身に付けた児童を育てる体育科指導の在り方」(タグラグビーにおける「考えて、見て、かかわって、わかる」指導を通して)という研究テーマで教育論文を発表した。

その他の記事/過去の記事
page-top