【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域の方々へ−富島(7)

本紙掲載日:2018-03-19
9面
矢房宜大
古賀優志郎

第90回記念選抜高校野球大会出場選手紹介

◆コーチの分身−矢房宜大(3年・内野手)

 攻撃時、ベンチには入れない中川コーチの分身となる。投手として入部したが右肘や、脱臼癖のついた左肩の故障が相次ぎ、春も出場は難しそう。その分、「プレーが始まる前から準備し、相手の小さな隙も見逃さない」。走塁にこだわるチームの三塁ランナーコーチとして、支える。

 日知屋東小1年の終わり「兄について行って」日向ベアーズに。投手や遊撃手を務め、富島中では二塁手や捕手。「県北の強豪になっていたチームで、家からも近い」と選んだ富島では、投手を志した。しかし、肘の故障などで一塁手に専念。この冬も「打撃は遠くに飛ばすだけでなく、コースコースを芯に当てること。守備はショートバウンドの送球を処理すること」に専心したが春を前に、左肩が悲鳴。それでも「中川さんに教えてもらった試合の流れの中での判断」で貢献できる。将来は理学療法士を考えている。


◆次代の中心選手−古賀優志郎(2年・内野手)

 次の富島の中心選手。窪田の正確性を見習って、「パワーと、すべての技術、特に守備に力を入れてきた。良くなってきたけどまだまだ」と冬を振り返った。

 父は中学野球の監督。生まれは小林市で、野球を始めたのは延岡市・島野浦小4年の時、島野浦ガッツで。5年から大王谷小・「大王谷ファイターズ」に移り、大王谷中では遊撃手や投手で3番を打った。影響を受けたのは大王谷ファイターズの林田監督と、今の中川コーチ。

 高校は多くの誘いを受けたが、「近くにあり、練習や試合の姿を見て」県立の富島を選んだ。人間性も鍛えられる部活を通し、「人の前でもはきはきと話せるようになった」と成長を感じている。2年生でのベンチ入り。「入れない人の気持ちを考え、責任を持って声を出し、動く」。聖地を経験し、「長打力があり、球際に強い選手になりたい」と誓う。

その他の記事/過去の記事
page-top