【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

特典いろいろ−免許証返納メリット制度

本紙掲載日:2018-03-19
2面
交付されるかどっぴータクシー回数券を手にする津隈会長

門川町と日向署が協定

 門川町は14日、高齢者運転免許証返納メリット制度に協力する協定を日向署と結んだ。4月2日以降に自主返納した65歳以上の高齢者には乗り合いタクシー「かどっぴータクシー」の回数券20枚を交付する。

 同制度は高齢者の交通安全防止を目的に県警本部が平成20年4月にスタートさせた。有効期限の残っている運転免許証の全部を自主的に返納した65歳以上を対象にさまざまな特典を設けている。

 日向署の返納特典は、温泉入浴共通券3枚贈呈、ホンダ宮崎で電動カート購入時のつえ立てシートカバー無償提供など。今回の返納者への回数券交付は同署交通課(平日午前9時〜午後4時)で4月2日から。同署以外で返納した人は、運転免許の取消通知書を持参する必要がある。

 門川町役場で行われた調印式には、安田修町長と日向署の四倉敏夫署長、立会人の門川町高齢者クラブ連合会の津隈ミサオ会長、日向地区交通安全協会門川支部の松村博澄支部長らが出席し、協定書を交わした。

 安田町長は、昨年10月から運行しているかどっぴタクシーは2月の時点で2283人の利用者がいることを紹介し、「交通弱者のために始まったもので、生活の一部としてご利用いただいている。支援事業が交通安全対策の一助となりまして高齢ドライバーが無くなることを願っている」とあいさつした。

 四倉署長は、昨年の交通事故のうち24%が65歳以上が起こした事故であるとし、「免許返納に戸惑いを感じている人もいると思う。協定により、返納しやすい環境整備の一環となるとともに少しでも高齢者の方の事故が防げれば」と話した。

 同署管内の自主返納者は、昨年が296人(門川町内45人)、今年は2月現在で60人(同13人)。なお、同町内の事故は122件、うち21件が高齢運転者による事故だった。

 立会人の津隈会長は「車がないと不便な人もおり、難しい問題。今回のように返納しやすくなるような取り組みが進んでほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top