【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

シニア劇団のべおか笑銀座

本紙掲載日:2018-03-16
7面
のべおか笑銀座12期生の団員。前列中央は実広さん
本番に向けて熱が入る稽古
実広さんの模型をもとに大道具も団員たちが手作り

「延岡のマクロン」3月24、25日公演

◆83歳の妻を亡くした59歳の夫通夜の席で…

 シニア劇団のべおか笑銀座の第12回公演「延岡のマクロン」が24日午後7時からと25日午後2時からの2回、延岡総合文化センター小ホールで上演される。同劇団主催、同センター共催。

 12期生となる50歳以上の16人が出演する。フランスの大統領と同じく24歳差の夫婦が主役。年上の妻が突然亡くなり、悲しみに打ちひしがれる夫と前夫との間の子どもたち夫婦、妻の友人たちの通夜の席での物語。

 文男21歳、敏子45歳で結婚し、現在59歳と83歳の延岡在住の夫婦。敏子はカラオケ仲間との旅行先で急死した。

 家で通夜が行われた。そこには敏子と前夫との間に生まれ、文男と同年代の子どもたち夫婦が来る。一緒に旅行に行ってたカラオケ仲間、さらには誰も知らない人たちまで家にやって来る。

 文男は「いやだよ、お葬式なんて。勝手に進むんだ。僕は許可しちょらんのに」と悲しみに暮れる。

 通夜が進む中、敏子の文男たちへの思いが明らかになる。文男と子どもたちの関係にも変化が−−。

 同劇団は50歳以上の人が対象。脚本・演出担当の実広健士さん(劇団ぐるーぷ連代表)の指導を受けながら稽古。大道具なども手作りして舞台に臨む。「団員の生きてきた人生がにじみ出て、垣間見えると思います」と座長の早樋順子さん。

 今回も劇団恒例の歌や踊りもあり、コメディータッチな場面もある。「団員が一生懸命なところが皆さんに伝わり、元気をもらっていただけたらうれしい」と来場を呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top