【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

はまぐりをまちづくりに

本紙掲載日:2018-03-16
3面
はまぐりビジョン策定に向けた意見交換会(日向市役所)

ビジョン策定へ関係者ら意見交換−日向市

 全国唯一の「はまぐり碁石」の産地・日向市は、はまぐりをより魅力ある日向ブランドに育てようと、今年度中に「はまぐりビジョン」を策定する。策定に向けた意見交換会がこのほど、市役所であり、碁石製造業者や囲碁愛好家などが出席。市の作成したビジョン案について意見を出し合った。

 市によると、かつて一大産地だった日向は、環境の変化や乱獲などにより、平成8年の39トンをピークに収量が減少。伴って碁石産業やはまぐり飯などの食文化も縮小し、市民のはまぐりへの親しみは薄れている現状にあるという。

 そこで昨年度、はまぐりを生かしたまちづくりに取り組もうと、取り扱う飲食店や碁石製造業者、観光団体などが参加し、計3回の懇話会を実施。はまぐりを取り巻く現状と今後の方向性について考えた。その時の意見を基に市はビジョン案を作成している。

 基本理念は「日向市は、はまぐりを守り、未来に届けます!」。活動の柱にー蕕螳蕕犂超づくり碁石の後世への伝承0聾襪某討靴犂超づくりご儻資源への活用――を掲げ、情報発信や碁石製造技術の継承、囲碁文化の普及など、多方面から施策を講じる。

 意見交換会では、市の担当者がそれぞれの取り組み内容などの説明を行い、出席者からは「基本理念には、未来に対する強いメッセージ性が感じられない。現状を何とかするという情熱があってほしい」などと意見があった。

 これを受けて市は、案には含まれていなかった「放流・養殖による資源の増殖」をビジョンに追加。稚貝の生息場を現状のまま守るだけでなく、資源を積極的に増やすことなどにも取り組むことを確認した。

 はまぐりビジョンは意見交換会の内容を踏まえ精査し、今年度内には策定する予定。

その他の記事/過去の記事
page-top