【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

当初予算案撤回を−予算審査特別委

本紙掲載日:2018-03-15
1面
一般会計当初予算案の組み替えを求める動議を賛成多数で可決した延岡市議会予算審査特別委員会

動議、賛成多数で可決−エンクロス、子どもの城

◆計上求める−延岡市議会定例会

 延岡市議会3月定例会予算審査特別委員会(委員長・内田理佐副議長、28人)は14日に全体会を開き、読谷山洋司市長に対し、延岡駅前複合施設「エンクロス」と子育て支援施設「(仮称)子どもの城」の関連予算が計上されていない平成30年度延岡市一般会計当初予算案を撤回した上で、速やかに盛り込んで再提出するよう求める動議を賛成多数で可決した。19日に協議を再開する。

 同委員会は議長を除く28人で構成。委員24人が内田委員長に動議を提出した。エンクロスが4月1日に開館するために必要な指定管理料や光熱水費、施設・設備メンテナンス経費と、(仮称)子どもの城が平成31年中に完成するため、現在の基本構想・基本計画に基づいた事業推進に必要な基本設計と実施設計の業務委託料、整備予定地の土地購入費・整備費の計上を求めている。

 提案理由については、「この予算には、これまで多くの市民・団体も関わり、その同意の下、市の重要施策として取り組まれてきたいくつかの事業予算で予算計上されていないものが見受けられる。事業の特質や行政の継続性、多くの市民からの期待を鑑みたとき、予算計上に当たっては欠かすことができない」などとしている。

 賛成多数の採決の後、議会運営委員会が開催され、予算の組み替えを求める動議の可決に伴い、市当局の検討期間が必要となることから、予算審査特別委員会の審査を19日午後3時から開くこととし、散会した。

 読谷山市長はこれまで、エンクロスについて「多額の経費が毎年度かかる中で、費用対効果の検証を行い、市民に示し、最終的に判断する必要がある」などと開業延期を表明。また、(仮称)こどもの城については「すべての世代が楽しく有意義に過ごせる施設」などとして、より内容を充実する方向性で見直す考えを示している。

その他の記事/過去の記事
page-top