【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東日本大震災被災地へ思いを込めて

本紙掲載日:2018-03-14
6面
歌と東北の味覚を楽しんだ、被災地への思いを寄せるライブ

音楽で心の環ライブ−延岡

 東日本大震災の発生から7年を迎えた11日、被災地への思いを忘れないためのライブ「あれから7年〜MoveforwardwithHOPE〜音楽で繋ぐ心の環(わ)」が延岡市船倉町のアニバーサリーであった。

 震災翌年から延岡市在住のボーカリストMIHOさんの呼び掛けで開催。3年前からはアニバーサリーを経営する佐藤千恵美さんも賛同し、共同で開催している。市内のミュージシャン、カツヒコさん、山本大揮さんらも出演して、オリジナル曲を中心とした楽曲を披露した。

 MIHOさんは平成24年2月、岩手・宮城両県の震災復興プロジェクト「浜のミサンガ〜環(たまき)〜作り」に共感し、応援することを決意した。

 自身の作詞によるCD「環(たまき)」(金子裕則作曲、佐々木孝之編曲)を発表すると、プロジェクト関係者にも注目され、岩手県大船渡市の災害FM局の番組に起用されるなど高く評価された。これを機に大船渡市や宮城県南三陸町などの被災地を訪れるようになり、地元の人たちと交流を続けている。

 また、「買って、食べて応援しよう」の趣旨のもと、福島、岩手、宮城県の日本酒、大船渡市や南三陸町産のカキやホヤなど新鮮な魚介類を使った料理も用意された。

 訪れた人たちは東北の地酒と海の恵みを味わった。エンディングには「環」「ハート・トゥ・ハート」を全員で合唱、被災地に寄せる思いを新たにしていた。

その他の記事/過去の記事
page-top