【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

勝利のために−延学(2)

本紙掲載日:2018-03-13
9面
松本幹生
戸高洋希

第90回記念選抜高校野球大会出場選手紹介

◆増量し強打者に−松本幹生(3年・一塁手)

 中学時代の印象は細身の好打者だったのが、入学直後から一気に増量。県予選で本塁打も放った強打者は「(冬も)打ち込んできた。チームが勝てるよう、勝利につながるバッティングを」と意気込んでいる。

 2年生の時に父の影響で、南方小クラブに。中学3年と小学6年の弟も野球をしている。西階中では3番二塁手として県大会準優勝などに貢献した。高校は「見学に行って、チームの雰囲気、環境が良かった」と選んだ。直後は同級生を見渡し「能力がすごかった」というが、「とにかく頑張ること」。体も大きくして、背番号「3」をつかんだ。

 「まったく打てずチームに迷惑をかけた」という九州大会以降、三浦監督の指導で、打撃フォームをすり足から右足を大きく上げる形に。「振り込んだこともあって、逆方向の打球が強くなった」と手応えを得ている。


◆ただ自分の仕事を−戸高洋希(3年・二塁手)

 都城ボーイズに所属した都城・西中時代は、硬式野球の日本選抜「NOMOジャパン」にも選ばれた逸材。「やっとあの場所で野球ができる」と笑みをこぼすが、「しっかりエラーをせず、打撃でも打率より出塁率」と、チームのことだけ考える。

 小学2年生の時に、父と兄がしていた野球を始めた。小学は遊撃手兼投手、中学は三塁手兼投手とチームの中心。都城ボーイズ時代は、萱野ら好選手がそろった日豊ボーイズに、一人で立ち向かっていた印象がある。

 センバツで最注目を浴びる根尾昂(大阪桐蔭)らがいた日本選抜は「周りがすごすぎて、自分がまだまだだと感じた」。「最初に話をいただいた」と選んだ高校では、野手に専念。秋に痛めた右肩は「まだ完全じゃないが、それをしっかりカバーしながら、ただ普通に自分の仕事をしっかりしたい」。将来は「上の世界で野球がしたい」。

その他の記事/過去の記事
page-top