【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

エンクロス延期条例案は議会不信任議案

本紙掲載日:2018-03-10
3面

平田議員が読谷山市長に4月1日開業求める

 延岡駅前複合施設「エンクロス」の開業日を延期する条例改正案を巡り、論戦が続く延岡市議会3月定例会。8日に議案質疑に立った平田信広議員(共産党)は同案を「間接的に議会不信任議案」とし4月1日開業を求めたが、読谷山洋司市長は建物完成の直前に運営経費が公表された経緯などから、「市民への説明責任を果たしていないと考えている」と提案の理由を述べた。

 平田議員は、新市長が新しい手法や公約実現に向けた取り組みを行うことについて理解を示す一方で、市政が二元代表制の下で議会のチェックを受け、駅前複合施設整備事業については多くの市民や議会、関係団体が関わり、10年の時間をかけて積み上げてきた経緯などを説明し、行政の継続性の重要性を指摘。

 その上で「エンクロスに議員は誰も反対してこなかった。4月1日オープンのゴーサインも出した。議案はこうした経過をないがしろにするもの」としたが、市長は「他の類似施設は、議会に事前に金額が公表され、激しい議論を経て結果が出たところもある。早めに公表することが必要と考えている」などと答えた。

 さらに、最終判断の時期に加え「閉館という判断もあるのか」との質問に、市長は「3カ月の中で、できるだけ早くという考えで必要な取り組みをしたい。CCCとの協議の状況、まとまった案を市民に公表する作業に注力することが必要と考えている」とした。

 また、議員は、4月1日開館に向けて雇用が生まれている点などを挙げた上で、延期に伴う多方面への影響を危惧し「一日も早い結論を」と要求。市長は「一日も早く具体的に検証し、成案を得ることが必要。一方で相手との協議もある。急ぐという気持ちを基本的に持ちながら取り組みたい」などと述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top