【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

火災予防訴え−延岡市消防

本紙掲載日:2018-03-09
3面
火事が発生した時の煙を体験した参加者

イオン多々良で煙体験など

 延岡消防本部は2日、延岡市岡富町のイオン多々良ショッピングセンターで火災予防を訴えた。職員7人が参加し、チラシやトイレットペーパーなどの配布、煙の体験コーナーや大規模災害時に使用する支援車を展示してPRした。

 1日からスタートした春の全国火災予防運動の一環。煙体験コーナーでは、長さ5メートルほどの煙で満たされたテントを通り抜けて火事現場を疑似体験した。

 職員から「両手のどちらかで壁を伝っていけば出口までいけます」とのアドバイスを聞いて、買い物客がテントに入ると「何も見えない」「こわい」などと声を上げていた。体験した浜尾凰煌君(旭小2年)は「前が全く見えなくてせきも出たので怖かった。火事が起きないように気をつけたいと思いました」と話していた。

 延岡市消防本部によると、全国で平成28年度中に火事で亡くなった人は1452人、火事で死亡した人の5割は一酸化炭素中毒が原因で7割が高齢者という。建物火災は3万6831件発生。発生原因としては20年連続して放火が最も多く、燃えやすい物を家の周りに置かないことや不審人物を見掛けたときの対応、対策など、近所での連携を呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top