【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

山菜まつりへどうぞ

本紙掲載日:2018-03-08
8面
夕刊デイリー本社を訪れた同村むら創生課の渡邉さん(右)と大久保さん

春の観光をPR−西米良村

 西米良村むら創生課の渡邉香苗さんと大久保零菜さんがこのほど、延岡市の夕刊デイリー新聞社本社を訪れ、「山菜まつり」など春の同村観光をPRした。

 山菜まつりは、5月3日に同村小川の「おがわ作小屋村」で開催。山深い自然豊かな同村で取れるタケノコやワラビ、ゼンマイ、タラの芽などを使った天ぷらや、婦人会による特産品が所狭しと並ぶ。午前9時開場、9時30分販売開始。民話語りや小川神楽もある。イベント終了は午後2時。

 また、4月1日は旧越野尾小学校周辺で「こしのお春まつり&桜ウォーキング大会」を開催。春の訪れを感じながら国道219号沿いの桜ロードや一ツ瀬ダム湖周辺のヤマザクラが満喫できる。参加料200円。

 他にもエドヒガンやヤマザクラなど早咲きのものから遅咲きのものまでサクラが約1カ月にわたり村内各所で咲き誇り、訪れる人の目を楽しませる。

 4月29日は米良三山(石堂山、市房山、天包山)が山開きを迎える。今月1日にはヤマメ漁が解禁、4月1日からはウナギ、6月1日からはアユ漁も解禁される。

 渡邉さんと大久保さんは「食に力を入れていこうと頑張っています。ぜひ、おいしい山菜、新緑、桜を楽しんでいただければ」と呼び掛けている。

 問い合わせは、西米良村観光協会(筍娃坑牽魁Γ械供Γ隠隠隠院砲悄

その他の記事/過去の記事
page-top