【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県、新燃岳噴火で対応連絡会議

本紙掲載日:2018-03-08
3面
情報共有した新燃岳噴火対応連絡会議(7日、知事会議室)

 7年ぶりに爆発的噴火が発生した霧島連山・新燃岳への対策を進めるため、県は7日、新燃岳噴火対応連絡会議を開いた。河野知事や各部局長が出席。1日から続いている新燃岳の噴火や降灰被害の情報を共有し、被害への対応を進めていくことを確認した。

 危機管理課や宮崎地方気象台によると、爆発的噴火以降は6日以降も継続。火山性地震も多い状態が続いているという。噴煙の高さは火口から最高で3000メートルに達した。

 これまでに人や住宅への被害は確認されていないが、ほうれんそうなど露地野菜や園芸施設への降灰を確認。しいたけは出荷が不能となり、被害額はすでに7年前と同規模の1500万円程度に達しているという。管轄する農政水産部と環境森林部は被害対策チームを発足させた。

 イベントの中止や御池青少年自然の家の利用キャンセルなどの影響も出てきている。

 8日夜からは火口付近で西からの風に変わると予想され、宮崎空港などへの影響も心配される。知事は「今後の活動を予想するのは難しいが、事態の悪化や長期化を視野に準備を進め、地域のみなさんに寄り添って対応をしてもらいたい」と呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top