【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

7団体に車いすなど寄贈−延岡

本紙掲載日:2018-03-07
2面
北浦町内7団体に目録を手渡す河野甫枝さん

東京在住の河野安伸さん

◆父親のふるさと北浦町に

 東京在住の医師河野安伸さん(48)から延岡市北浦町内の福祉事業者など7団体に車いすや会議用机が寄贈され、同市北浦総合支所で5日、贈呈式があった。

 寄贈は、安伸さんが北浦町古江出身の父栄勝さん(故人)の意思を尊重して実現。4年前に亡くなった栄勝さんは生前、中学卒業後に離れた故郷を懐かしみ、「いつか育ててくれた恩返しをしたい」との思いを口にしていたという。

 安伸さんの代理として長女容子さん(44)と共に式に出席した母甫枝さん(78)は「夫はよく北浦町のことを思い返していました。今回の寄贈が少しでも皆さんのお役に立てば家族一同うれしい」と話した。

 北浦総合支所の堀井直弘支所長は「郷土愛に深く感謝しています。河野さんの思いを受け、地域福祉の発展につなげたい」。甫枝さんから目録を受け取った市社会福祉協議会北浦支所の甲斐達也支所長は「医療福祉の重要性は今後ますます高まっていく。ご意向に沿えるよう使わせていただきます」と謝辞を述べた。

 今回寄贈されたのは、介助用車いす15台と会議用の高机10脚。車いすは市社会福祉協議会北浦支所、北浦診療所、千寿会、ホームヘルプサービスきずな、北浦デイサービス、結いの里、高机は浜中老人クラブでそれぞれ日々の業務活動に活用されるという。

その他の記事/過去の記事
page-top