【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「追いつけ」「粘れ」−天下一!中学駅伝

本紙掲載日:2018-03-05
3面
延岡城址周回コースで開かれた「2018第4回天下一!のべおか中学駅伝競走大会」

「まちを挙げての大会」、楽しい」

◆県内外から応援−選手を後押し

 延岡市の延岡城址(し)周回コースで4日に開かれた「2018第4回天下一!のべおか中学駅伝競走大会」。県内外から多くの人々が応援に訪れ、沿道から「追いつけ」「粘れ」などの大きな声援と拍手で選手を後押しした。

 選手は、旭化成と宮崎銀行のペースメーカーに引っ張られて力走。2回目の参加となる三重中(大分県)の保護者の三浦正吉さん(51)は、ペースメーカーについて「目標になるし、声を掛けてくれているので励みにもなる」。選手には「昨年を上回る成績を残せるように頑張ってほしい」と「三重中陸上部」と書かれた赤いのぼりを振った。

 発着点となる同市役所周辺の通りには、大勢の人が立ち並んで選手を鼓舞。野口記念館前でビデオ撮影していた大東中(大分県)の保護者の清田あいさん(40)は「ひたすら頑張ってほしい」と激励。「この大会は毎年、楽しませてもらっている。このようなまちを挙げての大会はないので、大分でもやってほしいぐらい」と笑顔で話した。

 記録が張り出された同市役所玄関前の掲示板には、結果を撮影しようと選手や保護者の人だかり。電光掲示板の表示をスマートフォンで収める保護者もいた。孫の応援に来たという延岡市の男性(74)は「雨が降らなくて良かった。全選手にエールを送った。一生懸命な姿に感動した」とたたえていた。

 今回は県外から過去最多となる9校が出場。初めて福岡から参加した苅田中は「50分を切る」と「3位以内」の二つの目標を掲げて臨んだという。堀晃祐主将(2年)は「初出場2位で、目標も達成できてうれしい。楽しかったし、応援してくれた人にも感謝している」と笑顔。森上直久監督は「広い歩道を走る大会だと思っていたので、通行止めにして車道を走ることに驚いた。とてもぜいたくな環境なので、来年も出場する機会があれば隣の中学校も誘いたい」と目を細めた。

 鹿児島県から初参加した川内北中の中馬信一郎監督は「私は学生時代、ゴールデンゲームズinのべおかに出場した経験があり、生徒にも延岡で走ることを体験してほしかったし、旭化成の実業団選手と走れることはいい勉強になると思っていたので参加した。県外チームの実力が未知数の中で入賞できたのはよかったが、来年はさらに上位を目指せるようにレベルアップしたい」と意気込んだ。

 閉会式で大会会長の福村正勝延岡市陸上競技協会会長は「九州全土に広げるという目標があるので、5県からの参加はありがたい」と謝辞。「今後もさらに練習に励み、来年も挑戦してほしい。また、人格的にも選手としても将来の日本を背負うような人になることを期待している」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top