【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

スナップエンドウ、収穫続く

本紙掲載日:2018-03-03
3面
収穫作業に汗を流す甲斐さん夫妻(延岡市北方町)

北方町の甲斐さん方ハウスで順調に生育−延岡

 JA延岡管内でスナップエンドウの収穫が1月上旬から続いている。管内では12人の生産者が約75アールのハウスで栽培。今年は記録的な寒さのため、例年よりも1カ月ほど遅れたが、約14トンの収量を見込んでいる。

 北方町うそ越えの甲斐斗志也さん(70)のハウスでは妻政子さん(60)と連日、作業に汗を流している。

 一昨年、昨年と2年連続で霜害と発芽不良に悩まされたが、今年は順調に育成。「最初の年は要領が分かりませんでしたが、今年は順調に育ちました。家内が主で私は手助けする立場です」と斗志也さん。政子さんがはさみを使って摘み取ったエンドウを斗志也さんが選別。1キロずつ箱に詰めたら、高野町の選果場に持ち込み、長野県に出荷される。4月中旬まで続くという。

 以前は5棟続きのハウス(10アール)でミニトマトを栽培していたが、斗志也さんが延岡地区森林組合の組合長に就任したのを機に、職務に専念するために休業した。このため遊休ハウスの有効利用を考えていた政子さんが、3年前にJAの勧めで2棟を使ってスナップエンドウの栽培を始めた。

 昨年5月で斗志也さんが組合長を退任したこともあって、2人で再び農業に打ち込めるようになった。

 3年目の今年は厳しい寒さに見舞われたため、ストーブとサーキュレーターを使ってハウス内の温度をキープした。「コストはかかりましたが、小さいストーブでしたから。まだ寒いので生育が遅く、週に1度ぐらいの収穫ですが、暖かくなると忙しくなります」と、春を待ちわびている。

その他の記事/過去の記事
page-top