【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

複合商業ビル2棟建設−宮崎駅西口

本紙掲載日:2018-03-01
3面

宮崎交通とJRが共同開発

 宮崎交通(菊池克鮗卍后砲硲複匐綵(福岡市、青柳俊彦社長)は28日、JR宮崎駅西口に共同で複合商業ビル2棟を建設することで合意したと発表した。建物の規模や入居するテナントなどは今秋ごろ明らかにし、2020年秋のオープンを目指すという。県庁で記者会見した菊池社長は「人が集まる魅力的な開発を行いたい」と述べた。

 計画によると、一つは宮崎駅西口に面したJR九州の所有地2700平方メートルと同社の借地予定地340平方メートル、宮崎交通が所有する隣接地120平方メートルの計4160平方メートルの敷地に建設。もう一つは県道を挟み正面の宮崎交通の営業所跡地2850平方メートルに整備する。

 ビルには映画館や飲食店、衣料品などの入居を予定し、子どもの遊び場、医療系施設なども検討する。併せて、JR側は高架下を含む同駅約6000平方メートルもリニューアルする方針。

 JR九州の田中龍治専務は「子どもが来ればじいちゃん、ばあちゃんもやってくる。全体を明るくすることで女性も集まる施設にしたい。県内すべてのいいものが集まる施設にもしたい」、菊池社長も「これまで県民に育てていただいた会社。その恩返しのつもりで、中心市街地の活性化に寄与したい」と意気込んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top