【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂町に新ホテル

本紙掲載日:2018-02-28
1面
高千穂町三田井に3月16日オープンの「ソレスト高千穂ホテル」

町内最大規模−3月16日オープン

◆152人収容−地域活性化後押し

 県内で遊技場やゴルフ場などを展開するミネックス(宮崎市、峰山勝美社長)は3月16日、高千穂町三田井に町内最多の客室を備えた「ソレスト高千穂ホテル」をオープンする。全国屈指の観光地にあって、入り込み客の1割程度にとどまる宿泊客。27日に県庁で記者会見した峰山社長は「町全体の宿泊客増につなげ、地域活性化に寄与したい」と意気込んだ。

 建設地は中心部の神殿(こうどの)通り沿いで、鉄骨造りの地上4階建て。延べ床面積は約2800平方メートル。客室は1階に特別和洋室8室、2階以上はシングル・ダブル23室、ツイン36室。体の不自由な人用のユニバーサル1室もある。152人が泊まれる。従業員は新規20人のうち18人は地元採用する。

 外観は周囲の緑と色彩的に親和性が高いという黒で統一し、内装は県産材などで落ち着きとぬくもりを演出。また、客室など随所に高千穂ならではの風景を収めたモノクロの大型写真を配した。

 1階のレストランもこだわった。世界農業遺産に認定された棚田で取れた米や地元産の牛肉、野菜などをふんだんに使った料理を提供。窓越しの水上ステージでは神楽上演などを予定する。

 同町の観光客数は熊本地震前の平成27年には過去最多の161万6200人を記録。しかし、宿泊客数は17万7100人(11%)と低調で、町内宿泊施設の収容能力不足が要因の一つに挙げられる。

 峰山利成専務は「他のホテルや旅館などと協力しながら高千穂観光を盛り上げ、全体で宿泊客20万人を目指したい」と抱負。同席した内倉信吾町長は「通過型から滞留・滞在型に努める中、新ホテルの開業は誠にありがたい」と期待を寄せた。

 宿泊料金の詳細や予約は同ホテルホームページで。

その他の記事/過去の記事
page-top