【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡でサインウォッチング

本紙掲載日:2018-02-27
3面
延岡市の駅まちエリアで行われたサインウォッチング

事故防止へ屋外広告物をチェック

 屋外広告物の落下などによる事故を防ごうと、県内の広告看板業者でつくる県広告美術協同組合(福田恵介理事長、22社)と県屋外広告士会(上野充博会長)はこのほど、延岡市で「サインウォッチング」を行った。JR延岡駅周辺の町を歩きながら、屋外広告物の状態を目視点検した。

 平成27年2月に札幌市で、ビルの外壁に取り付けられた看板の一部が落下、歩行中の女性の頭に当たって重体となる事故が発生したことをきっかけに、屋外広告物の安全管理が全国的な課題となっている。

 同組合の取り組みは昨年9月に都城市で行ったのに続き2回目。実際に点検することよりも、どういう状態が危険かということについて共通認識を持つことを主目的としており、業者4人、行政から10人が参加した。同駅エリアの状況に詳しい株式会社まちづくり延岡のスタッフの案内で歩いた。

 「歴史が感じられる町並みで、屋外広告物も比較的きちんとされている」と福田理事長。しかし、壁面から突き出して取り付けられ、内部が光るタイプの突き出し看板(袖看板)のうち、壁への取り付け金具がさびているものや、看板を固定するボルトがなくなっているアーチ型看板など、早急に対策が必要なものも見つかった。該当箇所については、行政が所有者に指導することにしている。

その他の記事/過去の記事
page-top