【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2日間ともにぎわい−花、イベント楽しむ

本紙掲載日:2018-02-26
1面
大勢の人が参加した初日の餅まき。対岸の堤防斜面には「西郷どん」の花絵とかざぐるま文字

このはなウォーク

◆県外などから観光バス13台

 延岡市の五ケ瀬川周辺に咲く花々を楽しむ「延岡花物語」(2月1日〜4月15日)のメーンイベント「このはなウォーク」は24、25日、古川町河川敷と対岸の野地堤防(愛称コノハナロード)で行われた。晴天に恵まれた初日は大にぎわい。小雨が降った2日目も大勢が訪れ、テントで雨を避けながらイベントや飲食を楽しんだ。来場者数は2日間で2万人(実行委員会発表)。福岡、熊本、鹿児島、大分、宮崎県内から観光バス13台が訪れた。

 今年は、NHK大河ドラマの影響で西郷隆盛が注目されていることから〃西郷さんの決戦の地・延岡〃をアピールしようと、堤防の斜面にはビオラのポット苗1万2千個で描き出した西郷の横顔と、かざぐるま5千本で描き出した「西郷どん」の文字などが登場。西郷隆盛宿陣跡資料館(北川町)への無料バスツアーも運行され好評を博した。

 コノハナロードでは1万本の菜の花が満開。300本植えられている河津桜(愛称天下一ひむか桜)はまだほとんどがつぼみの状態だったが、来場者は菜の花を見ながらお茶を飲んだり、写真を撮ったりして楽しんでいた。

 同イベントは平成20年、市内出身の県外在住者が「ふるさとに桜の名所を」と願い、地元在住の同期生に桜の苗木代を託したのをきっかけに始まった。苗木代や菜の花の種代を寄付した同期生らは、イベント開催に合わせて毎年のように帰省している。

 その一人、瀬川延雄さん(75)=名古屋市在住=は「植えた時は小さかった苗がよく育った。菜の花も人出も立派だった。元気で可能な限り、今後もこの日に延岡に帰ってきたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top