【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

演劇「うまれたまちで」宮崎公演

本紙掲載日:2018-02-24
7面

戦時下の延岡実話を元に創作

◆約300人が鑑賞若い世代も数多く

 太平洋戦争末期から終戦直後、戦争に巻き込まれた延岡の家族を題材にした演劇「うまれたまちで」が17日、宮崎市のメディキット県民文化センターで上演された。

 特攻出撃する息子を見送り、延岡大空襲では家までも焼かれた父親の戦後の後悔と、やり場のない怒り。母親や弟、妹の悲しみ−−12人の役者たちは熱演した。2回公演で計約300人が鑑賞。若い世代も数多く詰め掛け、戦争がもたらす悲劇に向き合った。

◇懸命に生きた人々の姿描く−「延岡でも上演して」の声

 作品のモデルは、延岡市北町で生まれ育ち、昭和20年5月11日に鹿児島県知覧基地から出撃した特攻隊長の黒木國雄さんとその一家。フィクションを交えて創作した。

 父親の肇さんは、奇遇が重なり息子の出撃に立ち合う。その1カ月半後の延岡大空襲では、黒木家がある川中地区の大半は焼け野原に。終戦後には、出撃間際に息子から直接手渡された軍刀の提出を命ぜられ、折らざるを得なくなった。

 舞台は、「靖雄」の遺書を父親が家族に読んで聞かせる場面から始まる。文面は、國雄さんが延岡市北町に住む家族に送った遺書のほぼ全文が読み上げられる。

 家族が、戦死した「靖雄」の思い出を語る場面でも、実際に父親や妹、弟が國雄さんに送った手紙がそのまま使われた。

 息子の出撃を見送った父親の戦後の葛藤、子どもを失った母親の深い悲しみ、亡き兄をしのぶ妹と弟、やはり戦争で傷ついた近所の人たち…。

 延岡大空襲で逃げ惑う市民の様子も体験者の手記を使うことでリアルに表現。やぐちむつみ(脚本)、谷口ろくぞう(演出)の〃コンビ〃は、実在の黒木家をモデルにしながら戦時下を懸命に生き抜いた人間像を見事に描き出した。

 特に、妹役・こはるさん(高校2年)と弟役・金丸朔巳君(小学6年)のみずみずしい演技は光った。また、父親役の池田知聡さんは骨折のため上半身をコルセットで固定したまま2回の公演に臨んだ。動くことができないというハンディの中、息子の魂に語り掛けるような痛切な語りが観客を引き付けた。

 最後は、延岡市出身のミュージシャン猪野秀史さん(東京在住)がオリジナル曲「うまれたまちで」を歌った。穏やかな曲調の中に感情の高ぶりが表現され、人間の悲しみや怒りまで歌に込めた劇的な締めくくりだった。

◇タイムスリップしたかのよう

 今回の舞台は「みやざきの舞台芸術シリーズ」として県立芸術劇場とサラみやざきが主催。終演後、「延岡でも上演してほしい」という声が相次いだ。

 20代女性は「親の出身が延岡です。身近な場所で空襲があったことを知ることができました」。

 同年代の女性も「涙が止まりませんでした。祖母から聞いた延岡大空襲の体験談を思い出し、私も1945年6月29日にタイムスリップしたかのようでした」。

 また、「延岡でも上演してほしい。空襲のことは小・中学校でも学びましたが、これからも語り継いでいく必要を感じました」と感想を述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top