【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小学生が美々津港海岸に植樹

本紙掲載日:2018-02-22
7面
ウバメガシの苗を丁寧に植え付ける児童

ウバメガシの苗木200本以上

 日向市の美々津小学校(倉爪洋一校長)と寺迫小学校(津島弘旦校長)の5、6年生が16日、美々津港海岸にウバメガシを植樹した。海岸林の果たす役割を理解し、自分たちで植えることで愛着を持ってもらおうと県北部港湾事務所が企画した。

 現地には、以前は黒松が植えられていたが、立ち枯れにより倒木の危険などがあったという。地域や関係機関が話し合った結果、黒松は伐採することになり、代わりに常緑広葉樹のウバメガシを植えることが決まった。

 この日は美々津小35人と寺迫小27人の児童、石並区と新町区の住民などが参加。近くの石並公民館で海岸林の役割などの説明を受けた後、海岸沿い約200メートルにわたって200本以上の苗を植えた。

 苗は、2年前に現地のウバメガシの親木から拾ったドングリを、美郷町西郷の県林業技術センターで育てたもの。児童はスコップで穴を掘り、約50センチに成長した苗を丁寧に植え付けた。

 体験後、児童はそれぞれ「きょう植えた木が育つのが楽しみ。中学生になってもたまに見に来たい」「みんなで一生懸命植えたのが楽しかった」などと感想。

 県北部港湾事務所の越山昌和さんは「体験が児童の心に残り、これからも自然を大切にしてほしい」と話していた。


その他の記事/過去の記事
page-top