【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

研修医が縫合技術を競う

本紙掲載日:2018-02-22
6面
県立延岡病院で行われた縫合コンテスト。研修医9人が技術を競った
持針器とピンセットを器用に操作して縫合する研修医

県立延岡病院でコンテスト

 縫合技術を向上させようと県立延岡病院(柳邊安秀院長)は2月15日、縫合コンテストを開いた。研修医9人が参加し、実際の手術で使用するガウンや手袋を着用して縫合の腕前を競った。

 合図と共に一斉に施術を開始。針を持つための持針器とピンセットを器用に操作しながら、豚皮に付けられた12センチの切開創を制限時間の15分内に縫い合わせた。

 評価基準は「姿勢」「道具の取り扱い」「組織を愛護的に扱っているか」「結紮(けっさつ)操作のスムーズさ」の5項目。同院の医師や看護師など9人が審査した。

 結紮の強度を競うコンテストも行われ、それらの総合点で熊本大学の中山ひまりさん(28)が優勝した。中山さんは内科や麻酔科を志望。「手技中は緊張して手が震えましたが、上達できてうれしい」と話した。

 終了後には審査員が講評。10月から月1、2回の頻度で研修医を指導した心臓血管外科の横田敦子医師は、医師が成長する過程を武道などの伝統的な概念「守破離」に例え、「まずは基本を忠実に守る。そして、自分に合ったやり方を身につけてそれを破る。最後に教えてもらった先生から離れ、自分の道を極める。そうやって一人前になっていってほしい」と激励した。

 同コンテストは研修医の研修プロクラムの一環で毎年実施。今年で7回目を迎えた。

その他の記事/過去の記事
page-top