【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

通信制で“高卒資格”

本紙掲載日:2018-02-21
2面
セレンディップ高等学院(延岡市桜小路)
セレンディップ高等学院について説明する新川学院長

セレンディップ学院・延岡キャンパス説明会

 通信制高校のサポート校である延岡市桜小路のセレンディップ高等学院(新川菜生学院長)は17日、同学院で説明会を開き、関心のある生徒や保護者が教育方針や学習方法などを聞いた。

 同学院は、内閣府認定の全国広域通信制特区高校である明蓬館高校の「みやざき延岡キャンパス」。一昨年春に桜小路の民家を借り受けて開校した。

 インターネットを活用し、生徒は自宅にいながらいつでも授業形式のビデオ教材で学ぶことができるのが特徴。履修科目ごとの課題リポートを提出していくことで、高校卒業に必要な単位を取得することができる。

 セレンディップ高等学院は、一人だけでは挫折しがちな学習を支援。生徒は週4回、週2回、月1回の各コースで通学し、ゆったりとした雰囲気の中でほかの生徒と一緒に勉強する。運動施設での体育もある。

 また、お菓子作りや創作、遠足など、生徒の希望に沿った活動も計画。それぞれのペースに合わせて学習を支援する。

 学校説明会で新川学院長は「学校に行かないのが悪いことではないのに、無理して通って家の中が暗くなる家庭もあります。その子のペースで社会に出られるのは通信制でしかできないことです」と紹介。不登校や、現在の学校になじめない子ども、社会人になってからの学び直しなど、広い受け皿になりうる同校の特徴を説明した。

 入学と編入の手続きは3月末まで受け付けるが、事前に本人と保護者の面談が必要。10月入学の制度もある。

 サポート校を利用する場合、入学金を含め初期費用(週4日コース)は80万円ほど。単位履修料には国の修学支援金が使えるほか、日本政策金融公庫や金融機関の教育ローン、各種奨学金も利用できる。

 制服は不要で、PTA会費や冷暖房費など諸費の徴収は一切ないという。詳しくはセレンディップ高等学院(電話延岡21・8560)。

その他の記事/過去の記事
page-top