【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

親子2代で「食品衛生優良施設」

本紙掲載日:2018-02-20
2面

延岡市北町の睇

 延岡市北町の日本料理店「睇諭廚裡澗緻榲梗臘田博信さん(57)が手にしている盾=写真=は、二つとも「食品衛生優良施設」として表彰された証し。向かって右が平成2年、母伸子さん(同11年死去)の代に日本食品衛生協会から受けたもの。左は今年度、厚生労働大臣から受けたもの。親子2代での受賞となり喜びもひとしおだ。

 睇佑和臉毅鞠、町田さんの母方の祖父の義弟に当たる睇遊魏雹瓩大瀬町付近で開業し、今年創業102年になる老舗。新町を経て昭和36年に現在地に移転。今では郷土料理として親しまれる「めひかり料理」は同店発祥だ。

 「延岡には郷土料理がない」と言われていた昭和50年代、延岡の誇れる食材はないかと伸子さんが鯛名町の港に立ち寄り、そこで目にしたのが漁師飯として食べられていたメヒカリだった。

 そのおいしさは「365日食べても飽きない」と漁師たちが太鼓判を押す一方、見た目はグロテスク。そのため世間の評価は低く、当時はほかの魚の餌にされていたほど。

 そのメヒカリを持ち帰り、料理法の研究を重ね、そのおいしさの認知度を上げようと無料で振る舞ったり、料理講習会で紹介したりした。今では市内でメヒカリを知らない人はいない。同市の交通安全運動の印にも使われている。「おふくろの実績はすごい」と、町田さんは母への尊敬を隠さない。

 町田さん自身は、剣道で日本一になったこともある、料理人としては異色の経歴の持ち主。伸子さん亡き後38歳で店を引き継ぎ、伝統の味を守っている。

 今回の受賞について「母をはじめ代々の店主のおかげでもらえたもの」と感謝。「食の好みは時代とともに変化していくので、変えるべきところは変えるが、芯はぶれないようにしたい。安心安全でおいしく、おもてなしの心を大事にして今後も料理を作っていきたい」と話した。

 同店ではメヒカリを刺し身、空揚げ、南蛮漬け、すしなどさまざまな調理法で提供している。めひかりの空揚げ、冷や汁、チキン南蛮、あゆの塩焼きなど郷土料理が一度に堪能できる「ふるさとコース」(税別3千円)が、帰省客や県外客のもてなし料理として人気だ。

その他の記事/過去の記事
page-top