【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

開業に意欲、にぎわい創出へ

本紙掲載日:2018-02-19
1面
空き店舗の内部を見て回る参加者

まちづくり延岡−駅周辺空き店舗ツアー

 今春オープンが予定されている延岡駅前複合施設を核に回遊者の増加が期待される駅まちエリアに出店を促そうと、株式会社まちづくり延岡(黒木清社長)は17日、「駅周辺空き店舗ツアー」を行った。一昨年12月、昨年10月に続き3回目。4組7人が参加し、2組が開業に意欲を示した。

 幸町、栄町、山下町の空き店舗18軒のシャッターをすべて開け、同社事業推進課の内田憲児課長が案内した。18軒は床面積が19平方メートルから508平方メートルまで、家賃は月2万5千円から50万円までとさまざま。参加者は店内の広さ、設備、駐車場の有無などを確認していた。

 同市北方町川水流で百貨店指向の雑貨店「おちゃめ」を始めて4年目の田邉睦美さん(66)は「北方まで来られないというお客さまのために、延岡にも拠点を持ちたいと考えている。ここはバス停も近いので、車を運転できない人が来やすい。駅まちのにぎわい創出にも貢献できれば」と出店に意欲的。また「各店が駐車場はどこにあるかをもっとPRすれば、商店街がにぎわうのでは」と話した。

 同ツアーでは、これまでに雑貨店と内装業の2者が開業、4月には接骨院が開業を予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top