【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

動物愛護への思い新たに

本紙掲載日:2018-02-13
2面
慰霊碑に献花する参列者

処分犬、猫の冥福祈る−県日向動物保護管理所


 不幸にして処分された犬猫の冥福を祈る動物慰霊祭が9日、門川町加草の県日向動物保護管理所にある慰霊碑前であり、参列者は動物愛護への思いを新たにした。

 慰霊祭は年1回、合同で行っている。この1年間で処分された延岡、日向、高千穂、高鍋4保健所管内の犬猫は計174匹(昨年2月18日〜今年2月9日)。この日は各保健所や県獣医師会の各支部、県公衆衛生センター、地区住民など54人が参列した。

  延岡保健所の滝口俊一所長は「命が失われたことは残念でならない。無責任な飼育や独善的な飼育の犠牲となった霊も多く含まれている。どうかわれわれの思いを誠として安らかに眠ってほしい」とあいさつ。参列者は一人ずつ献花し、静かに慰霊碑に手を合わせた。

 動物愛護指導員の片伯部修さんは「この世を去ることになった犬猫たちに、私たちの慰霊の心を見ていただき、少しでも安らぎを感じてもらえることを願う」と話し「この厳粛な気持ちを忘れることなく、人と動物が共生できるより良い社会づくりを目指します」などと宣言した。

その他の記事/過去の記事
page-top