【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

注目のミュージシャン−猪野秀史さん自作曲を生演奏

本紙掲載日:2018-02-10
7面
写真は阿部紫織さん(延岡市)の作品「intheblue」(第67回延岡市美術展覧会・写真部門特選受賞作)

延岡の一家の物語−2月17日に演劇公演

 太平洋戦争末期に特攻出撃する息子を見送った父親、兄への思いを手紙につづる弟妹、大規模な空襲で焼け野原になった街…厳しい時代に延岡で生きた人たちを描く演劇「うまれたまちで」が2月17日、宮崎市のメディキット県民文化センターで2回上演される。

 音楽制作は、清廉なサウンドとセンチメンタリズムの音世界が幅広い層の心をとらえる延岡市出身のミュージシャン、猪野秀史さん(東京都在住)。本番で猪野さん自らピアノの弾き語りで自作曲を歌う。

 演劇タイトルは、猪野さんが作詞作曲した「うまれたまちで」をそのまま付けた。約80年前に延岡市内で撮影された動画を見た猪野さんが、ふるさとの過去と現在がつながるイメージ、ふるさとへの思いを曲にした。

 映像は、薬局店経営の佐藤幹(つよし)さんが昭和10年代に家族や延岡市内の風景や行事を撮影した8ミリフィルム。

 長男隆俊さんから許可を得た夕刊デイリー新聞記者が猪野さんに音楽制作を依頼。約1年かけてオリジナルバージョンとピアノ演奏だけのピアノバージョンが完成した。

 昨年は、音楽と映像を編集した作品に仕上げ、延岡市のハーモニーホールと野口記念館で上映。大きな反響を呼んだ。今回、演劇の舞台で猪野さん自身が初めて歌う。

 歌詞の中には「水色のまち」や「孤独なランナー走り続ける大きな煙突見守るまちで」など延岡のイメージとともに、過去から現在への問い掛けるような歌詞もある。

 「すばらしい世界になっているのでしょうか満たされているのかときめいていますかうまれたまちで」

 作品のモデルは延岡市北町の黒木さん一家。戦死した長男國雄さん、出撃を見送った父肇さん、弟の民雄さん、妹たちの手紙や手記をもとにフィクションを交えて制作した。

 県立芸術劇場「みやざきの舞台芸術シリーズ」の一環。同劇場と企画者のサラみやざき(代表・時任眞由美さん=延岡高校出身)が主催する。

 出演者は、池田知聡さんらサラみやざきのメンバーのほかに、延岡市の松本みさとさん、誉田健次さん、高校生のこはるさん、宮崎市の新納愛未さん、川端大貴さん、中武悟さん、小学生の金丸朔巳君など。

【猪野秀史さん】延岡市生まれ。2004年に7インチ・シングル「ビリージーン」でデビュー。1レーベル1アーティストをコンセプトにした音楽レーベルinnocentrecordを設立。06年にはフェンダーローズ・エレクトリック・ピアノのビンテージな音の質感を追求しながらも現代性を帯びたサウンド・プロダクションで話題となったファーストアルバム「SATISFACTION」をリリース。ノンプロモーションにもかかわらず店頭での試聴や口コミで全国に広がり、多くの音楽ファンに支持される。ソロ活動以外にも国内外のさまざまなアーティストとの共演や作品に参加。清廉なサウンドとセンチメンタリズムの音世界は幅広い層の心を揺らしながら浸透中。

その他の記事/過去の記事
page-top