【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

認知症への理解深める

本紙掲載日:2018-02-10
2面
パネルディスカッションで在宅医療などについて話す久保田さんと杉山さん(左)

講演や映画鑑賞−症状や患者との接し方学ぶ

 日本認知症グループホーム協会顧問で川崎幸クリニック院長の杉山孝博さんの講演会や映画上映会がこのほど、門川町南町の済生会日向病院で行われた。同町主催。

 同町内外から200人を超える人が参加。杉山さんの講演会「認知症の理解と援助」、杉山さんと同病院内科医長の久保田哲代さんのトークセッション、杉山さんが監修した映画「認知症と向き合う」の鑑賞を通して、認知症の症状や認知症の人との接し方への理解を深めた。

 講演会で杉山さんは、認知症の人の家族がたどる心理的ステップ、認知症をよく理解するための9大法則・1原則などについて話した。

 記憶障害に関しては、話したことや見たことを直後に忘れる「記銘力低下」、食事など体験したこと全体を忘れる「全体記憶の障害」、現在から過去にさかのぼって忘れて昔の世界に戻る「記憶の逆行性喪失」があることを紹介した。

 記憶の逆行性喪失では、現在に近い記憶から無くなっていくので、自身の名字を旧姓で認識したり、自身も含めて現在の人相が分からなかったりするという。

 杉山さんは「周りは正しいことを教えようとするが、認知症の人が10年前など昔に戻っていると受け止めてほしい」と話した。

 「身体的な症状は体験的に理解できるが、認知症は体験では周りの人は理解できない。一番大事なのは理解」と強調。介護者など周囲の人々が認知症の症状を理解し、合わせて対応することの大切さを多様な具体例を交えて解説した。参加者は、何回もうなずきながら話に聞き入っていた。

 また、認知症の人がいる団地で認知症に関する説明会をした結果、苦情が減ったことなども紹介し、「家族に大きな負担がかからないような社会をつくることが最終的な対策」と締めくくった。

その他の記事/過去の記事
page-top