【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

春を待ちわびて−2018センバツ・延学編(3)

本紙掲載日:2018-02-08
1面
「すごすぎる場所」と甲子園の思い出を語る濱田さん

「成長できる場所」甲子園

◆県北勢の打者最高成績濱田さん

 平成25年8月21日、夏の甲子園準決勝の七回表、左翼の守備位置に就くときに巻き起こった〃濱田コール〃。「最初数人だったのが、一気に広がって三塁側のアルプスからレフトスタンドまで。調子に乗って帽子を取って応えたら、大歓声になりました」

 あれから5年。「甲子園はすごすぎる場所。本当にあそこにいたのか」と八戸学院大4年になった濱田晋太朗さん。夢の場所で経験した一つ一つが現実離れしていくような感覚があるという。

 全部で5試合。花巻東(岩手)との準決勝六回の先制右前打など、終わってみれば19打数8安打8打点。県勢最高の夏を過ごしたチームの5番打者濱田さんは、県北勢の歴代最高の打者成績を残した。

 「甲子園は、練習の時から全然違う場所だという感じ。打席はボールも見やすくいい球場だった」。公式練習では右中間を破った打球を見て三塁のランナーコーチの指示を無視、ランニング本塁打にして調子に乗れた。初戦は左翼フェンス直撃の二塁打を含む2安打2打点。これで完全に勢いがついた。

 チームとしても「しっかり(いつもの約束事)徹底できれば戦えるという自信を持ち、甲子園で1勝した時点で心から楽しめるようになった」。「純粋に野球を楽しみながら、目の前の試合だけに集中」した結果が4勝。県勢の歴史を塗り替えた夏を「記憶はあるけど、徐々に現実味を失っていく感覚。(だから)もう一度、味わいたい」と語る。

 いい思い出ばかりの甲子園だが、外野守備には注意が必要という。「風の影響で、高く上がった飛球は揺れながら落ちてきた」。その恐怖心も忘れられない。

 大学でも野球部に所属。「甲子園に出られなかった学校のOBは、高校時代にはもう戻りたくないというが、甲子園に出た選手はもう一度戻って、挑戦したいと話す」。それだけ、甲子園はすべてが報われる特別な場所だ。

 今春には帰郷し延岡市内の企業に就職予定で、後輩たちの試合は、秋の九州大会準々決勝を観戦。「全体的に野球センスがある印象で、思い切りバットを振れていた。甲子園でもガンガン打ちまくる強打が見たい」と期待する。

 そして、「今でも同級生と話すが、甲子園は技術的にも人間的にも成長できる場所。春にそこを経験できるので思い切りプレーし、また夏に向かってほしい」とエールを送った。

その他の記事/過去の記事
page-top